世界の中心はここだ

WaTファンでありジャニヲタでもある地方学生が多方面に愛を叫ぶ記録

twitterのWaTファン286人に聞いたWaTの好きな曲とその理由【32位~19位】

 

本編です!これだけは必須の質問でした。

 

あなたのWaTの好きな曲1位~3位は何ですか?

「3曲だけなんて選べない!」という意見を相殺する「集計がめんどくさい」という私情をお許し下さい。

 

WaT名義で出されたシングル10枚、アルバム2枚より、33曲を投票対象としました。未音源曲は含みません。鬼太郎の曲*1だとかアロエヨーグルトの曲*2だとかはソロ曲になるのでそれらも今回は対象外です。すみません。

1位=3ポイント、2位=2ポイント、3位=1ポイントとして集計しました。

 

アンケート投票層はこちら。→ WaTファンアンケート投票層 - 世界の中心はここだ

 

コメントはなるべく全て載せたつもりですが、たぶん見落としはあります。たぶんっていうか絶対あります!すみません!

基本的に原文のまま載せていますが、誤字脱字等多少手を加えています。

それではいきます!楽しい!あー、楽しい!

 

 

 

32位 Wentz TIME(3pt)

★ファーストアルバム『卒業TIME~僕らのはじまり~』ボーナストラック

彼らのインディーズデビューシングル『卒業TIME』のウエンツver.です。ソロ曲と言えばソロ曲ですが、WaT名義ということで対象曲に入れました。今回唯一選抜漏れしちゃったけど、『Teppei TIME』もあるよ!

ストリングから始まるウエンツver.のアレンジが本当に綺麗で壮大に響き、胸が打たれます。この曲に込められた思いがこのアレンジで完成された気がして、聞く度に泣きそうになります。そして実は声の透明度が高いのはウエンツ君の方だったんだと気付かされた曲でした。同時に実は徹平くんの芯のある声との親和性を他のWaTの楽曲で楽しめるきっかけになった曲です。

 

 

31位 I wish (6pt)

☆作詞:WaT 作曲:板垣祐介

★シングル『君が僕にKissをした』c/w

爽やかで可愛いメロディの失恋ソング。徹平ちゃんで始まる「泣いてる君をずっと見てた」でいつも胸がキュッとなる。「君がいたから歩いてこれた」「君と出会えてうれしかった」というストレートなサビがとてもWaTらしい。「いつかまた会ったその時は『好き』と言わせて」で終わる、未練が残る失恋ソングはWaTの醍醐味です。

元気が出るようなリズムとメロディーで何回も流しっぱなしでずっと聴いてるくらい大好きな曲です!「笑って またね」が特に好きです!

失恋しそうなときに聞いて、号泣しました。WaTの曲って恋愛がテーマなものが多いけど、この曲の状況が一番自分とぴったりでした。

失恋の曲なのに爽やかで可愛い。メロディーが好み。「好き」と言わせて〜♩可愛い!!!

失恋しそうなときに聞いて、号泣しました。

 

 

30位 夏日(7pt)

☆作詞:小池徹平 作曲:小池徹平

★ファーストアルバム『卒業TIME~僕らのはじまり~』収録

★セカンドアルバム『WaT Collection』収録

ライブで盛り上がる1曲。畳み掛けるような疾走感のあるサビのメロディが、夏にぴったり。暑くて、熱くて、一瞬で過ぎ去る、どこか切ない、「今日は夏日」。

初めて聞いた時の圧倒的疾走感にいろんな意味でやられました。小池徹平の世界観大爆発。

なんか好きです。ライブ映えする曲だなーと思います。

青臭い感じが心地よくてとても好きです。

 

 

29位 オトナシ(8pt)

☆作詞:ウエンツ瑛士 作曲:小池徹平

★ファーストアルバム『卒業TIME~僕らのはじまり~』収録

ウエンツフューチャー曲!(勝手に言う)瑛ちゃんの歌声堪能ソング。WaTの曲の中ではわりとお洒落な曲調じゃないでしょうか。未来へ向かう若者ソング。徹平ちゃんは基本的に合いの手とハモりでの参加です。「気にしな~~い」の合いの手が能天気でかわいい。\フゥ~~~~~!/は一緒に言いましょう。

ライブでのこの曲はほんとすき!!

相当迷ったんですがやっぱりこれかな~。この曲をライブで歌うときの瑛ちゃんがかっこよくてセクシーでめちゃくちゃ好きなんです。

「手に入れるために捨てたものたちへ別れの言葉は思い出だけで!」の歌詞が好き!

2人の掛け合いが好き。

 

 

28位 はだか(11pt)

☆作詞:ウエンツ瑛士 作曲:ウエンツ瑛士

★ファーストアルバム『卒業TIME~僕らのはじまり~』収録

★セカンドアルバム『WaT Collection』収録

ウエンツさんソロ曲。(WaT名義なので対象曲としました)ピアノのメロディにのせられる「はだかになってすべてさらけ出せ」という印象的なサビ。とことん瑛ちゃんらしい曲だと思う。

合宿で作られた初の自作曲だから。

最初聴いたときは少し暗いなと思ったけど、自分が大人になるにつれて少しずつ歌詞の意味がわかってきて、いつしか辛くなったら聴いて元気をもらう曲になってました。瑛ちゃんの言葉で表現されてる分、すごく共感できます。

瑛ちゃんソロだから。

「体の自由それが当たり前だと思っていたり」とか、自分の悩んでいることがちっぽけに思えた。

 

 

27位 I will get a dream(12pt)

☆作詞:小池徹平 作曲:小池徹平

★ファーストアルバム『卒業TIME~僕らのはじまり~』収録

★セカンドアルバム『WaT Collection』収録

徹平さんソロ曲。(WaT名義なので対象曲としました)前述の瑛ちゃんソロ『はだか』と並んで、どちらも「未来へ向かう」歌ですが、徹平ちゃんが作るとこうなるんだなと思います。『はだか』と続けて聴いてほしい。2人が作る曲の雰囲気って同じテーマでもここまで違うんだなぁとしみじみした。

素敵な歌詞に勇気づけられる。

学生時代、辛いことがあったり、上手くいかないことがあったりした時によく聴き、励まされた曲だから。青春の1曲。

スルメソングだなぁーと。たまにふと急に思い立ったように聴きたくなります。曲調は特別明るくもなく、特別強く響く程訴えられているわけではありませんが(あくまで個人主観です。すみません笑)、なんだか繰り返し聴きたくなる。そんな不思議な曲です。あとは歌詞がすごく好きですね。あのシンプルなメッセージの歌詞を特に重くするでもなく、サラッと歌い伝えてくれる彼らの魅力を感じました。

 

 

26位 はじめの一歩~もう一度~(13pt)

☆作詞:WaT 作曲:WaT

★ファーストアルバム『卒業TIME~僕らのはじまり~』収録

私この曲好きなんですよ!!!(私情)私の中でのスルメ曲です!!!(私情)ちょっと泣きたくなるような、そんな応援歌です。1番が瑛士、2番が徹平という構成。終わり方がちょっとゾクッとします。

人生の道に迷ったとき、この曲を聴いて、はじめの一歩を踏み出せた。ライブではじめてちゃんと聴き、涙した曲。

自分自身への応援歌になってる曲。落ち込んでた時に深く心に響いてきて『自分に正直にありのままで』はいつも私を勇気づけてくれます。自分の力で前を向いて行こうというWaTの2人の人柄が溢れ出てる曲!ミディアムテンポの2人らしいメロディも大好き!

「言葉じゃなくて見た目じゃなくて 心の内側にあるその想いが 動き始めた」まさに出逢いの1曲。こしの都のステージではじめての生WaTでした。

歌詞が大好きで。 WaTに出会って、この曲に出会って…その当時も、今も 変わらず胸に刺さる歌詞。個人的にすごく元気をもらえる一曲!よく助けられてます。言葉じゃなくて~のとこが特に好きだなぁ。WaTを知らない人に是非聴いてもらいたい。世間にもっと広まればいいのに!でも教えたくない!! という複雑な気持ちになる曲。(笑)

 

 

24位 君といられたら(17pt)

☆作詞:WaT 作曲:板垣祐介

★シングル『24/7~もう一度~』c/w

か~~~~~わいい、恋愛ソング!「きっともっともっと君のこと知りたい僕がいる」「今よりも君を好きになる」なんて、どこまでもかわいい。板垣さんが作るたまらなく可愛いメロディに、WaTが作るドストレートな恋の歌というこの組み合わせは、白米と明太子ぐらい間違いがないです。

「春も夏も秋も冬もねぇ一緒にいようよ」っていう詞が死ぬほど好きだからです。

なんか好き。

すごい純粋で真っ直ぐな歌詞だから大好きです!

この歌きいてるだけでとてもキュンキュンするからですかね…。歌詞を小池バージョンウエンツバージョンで妄想するとさらにキュンキュンします。

「春も夏も秋も冬も」大好きな人とずっと一緒にいたいって言うストレートな歌詞がかわいすぎる!

ウエンツ君の「すっきだなあ〜」にキュンとした。

WaTのカップリング曲がどれも大好きでとても迷いましたがこれにしました!初めて聞いた時、また今までに無いようなメロディーだった気がしたので当時から大好きでした。春も夏も秋も冬もね一緒にいようよっていう言葉がもう!たまらないです!ライブで聞いてみたい曲の一つです!!聞いててしあわせになる!

 

 

24位 君が僕にKissをした(17pt)

☆作詞:WaT 作曲:岩田秀聡

★2010/7/28リリースの9thシングル

2年ぶりにリリースされたシングルでした。芸能界トップ2で草食系男子オーラがつきまとう2人が草食系男子をテーマに歌うなんて、こんなにしっくりくることない。ただこのリリース時、死ぬほど「草食系男子ですか?」とインタビューされて、「実際は違うんですけど」と答える2人を今でも覚えています。ミュージックビデオでキスシーンがあります。見ろ。

草食系男子の歌詞がとても可愛らしいです。「君を守るそう決めたんだ」というフレーズが特にお気に入りです。

草食系男子のトップ2にふさわしい曲であること、なんとも言えない消極的さが可愛くて大好きです!

波瀾爆笑で歌ってるのを聞いて感動した。

甘酸っぱい。なかなかに珍しい。「2人のような男性と付き合える女性が羨ましいぜ……」と嫉妬してしまうくらいかわいい。あと、「どんな時だって君がいるだけでそう強くなれる 僕の未来 君の未来 ずっと繋がっていくよ まっすぐにまっすぐに 明日へ」というフレーズ。久々の活動だった為、そういう「これから先も期待しても良い」ようなフレーズが入っていたことが嬉しくて嬉しくて震えました。

メロディーが好きだからです!

君kissは私の中でWaTが再始動してくれたって感じる曲。横浜であったイベントで2人の生歌とアコギだけで鳴り響いた君kissは今でも忘れられない。人生で5本の指に入るぐらい死ぬほど泣いた(笑)

この曲は、WaTの作曲ではないけれど、聴いていてとてもhappyなキモチになれる曲です。「愛されてる」感が味わえる曲です。

WaTの中の可愛いをぜんぶ集めてぎゅっとしたような曲。この曲のリリース前後が音沙汰なしだったこともあってカセットテープだったら擦り切れてるくらい繰り返し聴いた思い出があります。

 

 

23位 Ready Go!(18pt)

☆作詞:WaT 作曲:Curious K

★2006/11/1リリースの4thシングル

★セカンドアルバム『WaT Collection』収録

TBS「2006 世界バレー」オフィシャルテーマソング。初めてオリコン1位を取った曲です。タイアップって大事!「Ready go!」と繰り返されるサビ、天に向かって突き上げられる2人の拳という振り付けが印象的だった。

ギター持ってない…!と一番最初に衝撃を受けたことを覚えています。それだけ印象も強く、なおかつ音楽の応援歌という勢いもありながらどこかキラキラした音が好きです。

もともとWaTが好きだったのですが、一時期離れていました。でもバレーでこの曲でWaTにはまりました!イントロを聴くとテンションがあがります。

アップテンポで元気になれるから。

the!バレーボール!!という単純な答えで呆れられるかもしれませんが、やはり頑張っている人を応援してくれる楽曲ほどエネルギーになるものはないと思います。バレーボールという仕事は離れたWaTでしたが、私にとっては仕事が辛いときに応援してくれる、応援ソングとして今もパワーをわけてくれます。

踊ってましたねー、世界バレー。元気もらえます。今でもカラオケでは必ず歌います。振り付きで(笑)

1位をとった記念すべき一曲。世界バレーのサポーターを立派に勤め上げる彼らに毎回TVの前で感動していました。

落ち込んでいる時に聴くと元気になれるから。

すごく元気になる曲だから!

“奇跡はきっと偶然なんかじゃない”を心に止めて試合とか頑張れています。

 

 

21位 潮騒の午後(19pt)

☆作詞:WaT 作曲:WaT

★シングル『36℃』初回限定盤Bボーナストラック

心を閉ざしてやり過ごそうとする自分は「道端の石ころ」「砂浜の貝殻」のようだと比喩し、「傷ついて傷ついてまた強くなればいいだけ」「それでもまだ気づかないふりをするならもう傷ついたまま」と、どこか突き放したように歌われる。突き放されても冷たく感じないのは、潮騒の午後のようなあたたかいメロディにのせられる彼らの歌声がとても柔らかいから。

それまでWaTになかった凛とした厳しさを持った応援ソングだから。ハッとさせられる歌詞が好き。

受験で苦しんでた時にずっと聞いて励まされてました。自分としてはまだまだ歌詞の意味をわかりきれていないところも多いけど、大事な曲です。

こういう悩んでる、恋愛じゃない曲が好き。

メロディーも歌詞も両方好き。

あのなかなかない暗い感じが大好きです。よく病むので、そういうときに聴く。

 

 

21位 More(19pt)

☆作詞:WaT 作曲:WaT

★シングル『Ready Go!』c/w

1pt差だが、まさかのA面よりこっちが上位。応援歌。隠れた名曲。ウォーウォー言いながら拳を振り上げたくなります。

この曲にはげまされた。一番思い出深い曲でメロディーも歌詞も好き。

わたしの中の永遠の応援ソングです。メインよりこっちのほうが多分聞いてます(笑)部活で辛い時期にかぶったこともあり救われた大切な曲。メロディ歌詞含め大好きな曲です。

辛くなったり落ち込んだり悩んだときに必ず聞く曲。何回勇気付けられたか分からないくらい励まされてるし背中をポンって優しく押してくれる曲。「ときに支えて ときに支えられて」って歌詞が大好きです。

WaTの中の隠れた名曲だと思う。ずっといつか歌って欲しいって願ってる。というより歌詞がファン目線でもあるからもし再始動した時にアンコールとかで歌って泣かせたい(笑)

なんだか泣きそうになってしまう曲だから。

歌詞が好き。メロディーが好き。でもまだ生で聴いたことないのでいつか絶対歌ってほしいと思ってFCイベのWaT10にも投票したんですが夢叶わず。それくらい好きな曲の一つです。

今でも忘れらないんですが大吉ツアーのZepp札幌で幕が下りてお客さんがはけていく時、会場に「More」が流れてたんです。WohWoh~のメロディと繰り返しが、すごい祝祭感というか天使のラッパというか神々しいものに応援されてる、背中をおしてくれるようなものすごい気持ちよさがありました。会場でも、これなんの曲?More?いい曲だねーって話してた人いたよ。曲が流れる場面によって、こんなに印象にのこる曲になるんだなあという体験をした忘れらない一曲。

 

 

19位 前進(23pt)

☆作詞:WaT 作曲:WaT

★ファーストアルバム『卒業TIME~僕らのはじまり~』収録

圧倒的な「元気になれる」「前向きになれる」というコメントでした。「前に進もうぜ」ってこれだけ連呼されたら前に進むしかないもんな。

落ち込んでる時、上手くいかなくてつまづいた時とかに聴くと、元気が出て、前に進もう、前を向いて歩き出そうって思える曲です。

聴くと頑張ろうって元気がでます。

前に進もうぜ!頑張ろう!って気持ちになります。

前向きになれる。

初めて行ったライブの思い出の曲。

元気になる。前向きになる。

この曲を聞くと、前に進もうかなと前向きになれます。昔よりも今聞いていて、1番になりました。また、ライブで最近徹ちゃんが歌ってくれるので、それが思い浮かびます。 自然に笑顔になります。

当時心身崩してた時ココロから揺さぶられた曲。それは震災があってからもずっと日々かかさないパワーをもらっている1曲。

 

 

19位 初めて海を見た時には(23pt)

☆作詞:WaT 作曲:WaT

★シングル『Hava Rava』c/w

★セカンドアルバム『WaT Collection』収録

インパクトのあるタイトルすぎて一発で覚えた。(私情)初めて海を見た時だけじゃない。初めて恋をした時、初めて何かをした時、あの頃の季節はもっと鮮やかだったかもしれない。「初めて」の記憶はなくしちゃいけない宝物だ、ってWaTの飛びぬけた透明感のある歌声で聞かされると「うん、わかった」って素直に頷きたくなる。ていうか頷いた。ピュアホワイツッッ!!!!!って叫びたくなるような曲です。

WaTの初々しさが残っていてとてもいい曲。

なぜかWaTは恋愛の曲だとくすぐったい感じがする。二人との距離を近く感じられる曲。これでPV作ってほしい。

めっちゃ分かる。この言葉に尽きます。海のないところに住んでいるので、初めて海を見た時にはそりゃーもうビックリしましたね。なんとまぁこんなに大きいなんて、と。そんな気持ちは初めてのものに触れる度にそう思うのです。「初めて海を見た時には世界の広さに打ちのめされて目眩がしてたはず きっと初めて僕が出会ったものその時感じた記憶はずっとなくしちゃいけない宝物かもしれない」本当にそうだと思います。WaTに出会った時もそんな衝撃を受けました。

全てが好きです!!

ふたりの声が合わさるところと歌詞がすき。カップリングの中でいちばん好き。

出だしの小池さんパートが好きです。

曲の世界観が好きです。歌詞にもメロディーラインにもキュンとします。

本当は他にも投票したい曲があるのですが、それらはきっと皆さんが挙げてくれるだろうということで(笑)、あえてこの曲を選択。隠れた名曲だと思います。1st、2ndシングルでは収録曲の雰囲気が似ていたので(ゴメンなさい)、3rdシングルを聴いて「おぉ!!!!!こんな曲も歌うのね〜」と感動した記憶があります。

 

 

 

個人的感想・まとめ

圧倒的応援ソング旋風。

WaTの曲って応援ソングめちゃくちゃ多いんだなって今さら気づきました。

夏日も君Kissももっと上位にいくかなと思っていたので意外。

私ははじめの一歩が本当に好きだ!!まとめなのにめちゃくちゃ個人的な話するよ!私のトップ3はまだ出てきていないよ!

 

 

次回、18位~11位の発表です!→ twitterのWaTファン286人に聞いたWaTの好きな曲とその理由【18位~11位】 - 世界の中心はここだ

 

*1:『Awaking Emotion 8/5』ウエンツ瑛士

*2:『君に贈る歌』小池徹平