読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の中心はここだ

WaTファンでありジャニヲタでもある地方学生が多方面に愛を叫ぶ記録

関ジャニ∞の現場の楽しさを初めて体験した

 

f:id:atnnnas:20140824125053j:plain

 

f:id:atnnnas:20140824125036j:plain

 

8/23 関ジャニ∞ 十祭 大阪 に行ってきました!

 

 

 

 

楽しかった……尋常じゃなく楽しかった………エイト十祭めちゃくちゃ楽しかった…エイトの現場楽しい………なにこれ最高楽しい……

 

久しぶりのライブ現場ーーー!4月のテゴマスぶりーー!野外は去年のNEWS神戸ぶりーーーー!!というわけで、友達のチケ運ありがたや~~な席で、人生初の関ジャニ∞めちゃくちゃ楽しませてもらいました。最高!最高楽しかった!!今年一番の夏の思い出できちゃった!!

ネタバレはガンガンするのでここから先は自己責任で読んでくれよな!

 

 

 

 

 

 

まずステージが、金と赤を基調にした祭り感全開のステージだったので、その時点でものすごく高まりました。あの提灯型のペンライトも最初見たときは「!?!?」って感じだったけど、あの会場の中においてはめちゃくちゃよかった。赤すごい綺麗だった。

最初にエイト7人が、下にさらしを巻いた状態でメンバーカラーのハッピのような男らしい祭りの衣装で、1人1人メンバーカラーの提灯がたくさんつられた山車(だし)のようなものに乗ってメインステージに現れた瞬間、あああああああああああああ関ジャニ∞実存したああああああああああああってなりました。いつまでたっても慣れない、好きな芸能人が初めて目の前に現れたときの「同じ世界に生きてたんだ……」という雑な感想。

最初に目をひいたのは、大倉さんでした。たっちょーーーーーん!!髪を片耳にかけていたのがずるかった。大倉さん本当にかっこいいな!!!あれはかっこいいわ!!そりゃそうだわ!!!間違いないもん!!テレビのまんまだしむしろその上をいく!!!!あの造形美はすごい!!イケメンってカタカナめちゃくちゃ似合うのな!!!(?)

浪速いろは節、ズッコケ男道、無責任ヒーロー、もんじゃいビート、という関ジャニメジャーお祭りソングを怒涛のごとくオープニング4曲に持ってきたのがこっちのテンション爆上げさせてくれてたまらなかったです。関ジャニの曲ってそこまで好きになれるものあんまりないのよねーとテレビの前でぶつくさ思ってた過去の自分の頭スパコーーーーン!!って叩きたい。現場に行くまでにはステージの魅力をわかっていなければ…!とせっせとライブDVD見てお勉強してた変に真面目な過去の自分の頬もバチーーーン!!って叩きたい。百聞は一見に如かずとは昔の人は本当にいい言葉を残してくれていますね。現場の前では在宅時の感情と勉強なんて無力。関ジャニ∞本人たちが全力で伝えてくれる魅力に勝るお勉強なんてどこにもなかった。おたく is 無力。

 

浪速いろは節で始まるのよ!?ヤバくない!?!?あのイントロの超絶祭り感!!ちょ、今みんな聞いて!いまいち浪速いろは節がどの曲かピンときてないジャニヲタは全員今すぐ聞け!!!わかりやすく言うと、アーエンヤコラセーノドッコイセアーーエンヤコラセーノドッコイセのやつな。最初に渋谷さんが「あ~~あ~~~~あ~~あ~~~~あ~~あ~~~」でオタ全体を震撼させてくるやつな。ズッコケ男道の、横山「ワン、ツー、、」オタ「ワン、ツー、ウーー!!」渋谷「きばってこーーぜっ!」の入りの楽しさ。イェイイェイイェイ!ブンブン!ソイヤソイヤソイヤソイヤ!!の楽しさたるや。無責任ヒーローの、ッハ!ッハ!ッハ!ッハ!も最高楽しい。もんじゃいビートは楽曲のアップテンポさがワクワクする!ナンボのモンじゃーーーーい!!!

このへんの関ジャニメジャーソングって、テレビで聞いてると、あー楽しそうだねーとは思うけど、楽曲自体をそこまで好きになるかっていったら微妙だったのよね。テレビの中のエイトのテンションとそれを見る自分のテンションの高低差がわりとあったっていうか。それがいざ現場でこれらを聞いたら、楽曲とエイトのテンションとまったく同じ場に自分もいるわけだから、そりゃあ「イェイイェイイェイ!!!!」だし「ブンブーーーーーン!!!!」だし、え……なにこれエイト超楽しい……ってなるわけですよ。エイトの現場力 is 無限大。

冒頭4曲の間に水の演出が連発だったんですけど、外周トロッコで客席に向かってにこにこしながらガンガン放水する錦戸さんに恋でした。亮ちゃん……滲み出るドS……(キュン)外周トロッコはメンバーみんな主にスタンドに目を向けているので、アリーナ勢としては貴重な尻祭りでそれはそれでなかなかに楽しませてもらいました。(言い方)それがよ!でもよ!!ずっとスタンド見てたのに、急にアリーナに振り返ってニコーーーって笑う大倉よ!!!!やめろ!!!!!自分がいかに振り返り美人か自覚してくれ!!!!そんな純粋無垢な笑顔見せないで!!!!好きになっちゃうだろ!!!!!!大倉さんが好きな友達はその直後、「たっちょんヤバイたっちょんヤバイたっちょ…ッゴホ!!ッゴッホ!!!」って咳き込んでました。エイトを生で見てリアルにむせる友達。しかもその後も5回ぐらいむせてた。落ち着け。

外周トロッコはありがたく1周してくれたのでメンバー全員を近くで拝むことができて、ああもう私他担なんですけど、いやこんな場で他担なんて言えない雰囲気ですけど、こんなありがたいもの拝ませてもらってよかったのかしら、ああでも言う!言いたい!!!ほんと関ジャニ∞ファンのみなさん、こんなところに長野博担いて申し訳ない、でも全力で楽しんだから許して、っていうか、関ジャニ∞みんなかっこいい!!!!!!!(小学生の感想)関ジャニ∞はみんな生のほうがいいなって思いました。これはほんとに思った。3時間思い続けた。特に横山さん。そう、横山さん!!

人生初関ジャニ∞現場MVPは横山裕さんでした!!

横山さんが……!!聞いて!横山さんがかっこよすぎたの!!!あの人、生かっこよすぎだった……!!!黒髪…!!憂いを帯びた流し目……!!これは妊娠だった。たぶん今なら横山さんの子ども生める。横山さんの何がどうかっこよかったかって、帰宅しちゃった今となっては具体的にうまく言えなくてほんと悔しい。あれはただひたすら生の破壊力だったと思うの。たぶんテレビ画面なんて平面の人工物を通したんじゃ、横山裕さんの天然物な美しさはほとんど伝えきれてないんだろうなって思った。黒髪だったのも相乗効果としてあるかもしれない。金髪もかっこよさぶっちぎってたと思いますけどね!でもあの黒髪とあのびっくりするほどの肌の白さのコントラストがまた尋常じゃない美しさを!!長い前髪がまた色気を醸し出してたしな。叫ぶし、笑うし、睨むし、泣くし、ちょっとアレンジ加えて歌ったらしっくりこなくて「これちゃうな…」って歌の途中で首かしげちゃうし、客席降りるし、クルクル表情変わるからずっと横山さんを見てた。横山さんって歌ってるときあんまり笑わないんだなって印象だったんだけど、それがまたどえらい美しくてずっとかっこよかった。横山さんがアンコールで客席降りたとき、自分でもびっくりするぐらいムキーーーーー!!!ってなったからな。出会って2時間半で嫉妬。

友達「横!!えっ、横!?!?横ヤバイ!!」私「横……横……!!」始まってしばらく何かにとりつかれたかのように「よこ」という2文字しか発しなかった私と友達。

 

あの4曲のあとにキングオブ男を持ってきたのも、素晴らしきエイトの祭りの幕開けを宣言してくれているようですげーよかった。

渋谷さんが冒頭挨拶で「いっぱいありがとうを渡しますので、好きなだけ持って帰ってください」って言ったのがすごい好きでずっと心に残ってた。「好きなだけ持って帰って」っていいね。帰ってからもずっと幸せなままだね。

水の演出でステージも濡れてて転んでた大倉さんがかわいかったです。それを村上さんが冒頭挨拶で「さっそく大倉がこけましたァ!!」とばらされててかわいい。その後の大倉さん挨拶が「さっそくこけちゃいました♡こけちゃうあたりが僕って関ジャニ∞だなぁと思いました♡関ジャニ∞でよかったです…♡」って言ってて、かっわ……!!!かわいいの暴力………!!!って感じだった。

丸山さんの挨拶「イェーーイ!(オタ:イェーーイ!)イェーーイ!(イェーーイ!)ハウマーーッチ!(…!?ハウマーーッチ!)ハウホールドアーユー!(…ハウオールドアーユー!?)ハーヌケテモーターー!(…はっ、ハーヌケテモーター!)デモモウキニシナーーーイ!…ハート トゥ ハートを感じました」

生の丸山さんはテレビの500倍で不可解だった。もう冒頭から関ジャニ∞色が強すぎる。最高か。

 

冒頭エイトシングル5曲のあとは、ジャニーズメドレーコーナー!これがまた最高楽しかった!!!全曲歌えるわ踊れるわな会場全体のジャ二ヲタのポテンシャルやべーなって思ったし、滝翼Venusがくっっっそ楽しくて滝翼コン行きたくなりました。

 

《ジャニーズメドレーセットリスト》

お祭り忍者
スシ食いねェ!
SHE! HER! HER!
仮面舞踏会(横山、村上、渋谷)
硝子の少年(丸山、安田)
Real face(村上)
青春アミーゴ(錦戸、大倉)
オリジナルスマイル
weeeek
Venus
愛 革命(丸山)
アンダルシア
A・RA・SHI(全員でスケスケ衣装)
ええじゃないか

 

スシ食いねェ!の最後、「大将、爪楊枝ください!」という流れから、爪楊枝で歯間のカスを取るジェスチャーしながら、「SHE! HER! HER! SHE! HER! HER!」ってやりだしたときは、キスマイwwwww爪楊枝wwwwwwってなった(笑)

KinKi Kidsの硝子の少年を安田さん丸山さんがやったのが尋常じゃなく高まりました。KinKiヤバイ。KinKiコン行きたい。(節操)大倉錦戸というビジュアルの暴力な青春アミーゴもまたえげつない破壊力でした。あれほんとえげつなかった。一緒に行った友達が「これで5年は生きれる…」って言ってた。

weeeekは故意になのかこっちが意識しすぎてるだけなのかわからんが錦戸さんがモニターに抜かれる率が高くて、アップテンポで楽しい曲なのにあの瞬間だけは泣きたかったなぁ。嬉しいんだか切ないんだか悲しいんだかなんだかわからなかったけど、亮ちゃんがNEWSを歌ってるっていうただその事実に泣きたくなった。ぴょんぴょん跳ねながら元気いっぱい歌ってるから。

このジャニーズメドレーのあとが、TAKOYAKI in my heart、エイトレンジャー、ER2ときて、このままエイトレンジャーコントとMCという流れに。エイトレンジャーコントは普通に面白かった。惚れ薬ならぬ「ほれ~る矢」というものによって、村上が横山を好きになり、錦戸が渋谷を好きになり、安田が大倉を好きになり、丸山はモノマネ(笑)するっていうの。で、実は安田は自分で偽物のほれ~る矢を作って大倉を好きになれるように自作自演してたっていう生々しいオチな。面白かったけど、なんていうかすごい腐のオーラ漂ってた(笑)噂の倉安(大倉と安田というカップル)を生で見てしまった。

MCで横山さんが「景色も綺麗になってきたなぁ」って言ったときに、「そうかなぁ」ってマジトーンで返した大倉さんの悪気なさがエンジェル。「俺最近お前になんかした!?」ってなる横山さんに「えっ!?あっ!(笑)夕日とか見えるんかなと思った!けど見えないから!何もしてないよ横山くん!」って必死な大倉キュン。キュン。

コントのシナリオを作ったのは横山さん。好きになる組み合わせはどうしてああなったんだ、とメンバーに聞かれ、「リアリティを求めた」って回答した横山さん。私「!?!?!?(リアリティ!?!?)」言葉選ばないと、オタク大変なことになっちゃうから気をつけよう!?!?って感じで最高でした。横山「めっちゃ考えた結果、丸は誰とも繋がらんかってん」大倉「丸ちゃん尻軽やもんなぁ」丸山「尻軽ちゃうよ。俺、誰にも尻貸したことない」丸山さんの反論の方向が斜め上。じゃあ丸は誰を好きになりたかったん?という流れになり、「おれ、最近定まってきてん」と真顔で返す丸山さん。問題発言。定まったら定まったでアカンやろ!!!慌てるメンバー。丸山「ほら、雑誌とかで聞かれるやん。付き合いたいメンバーは誰ですか?みたいなこと。あれ最近定まってきてん。前まではヤスやったけど、今は………すばる」ガチかよ!!!!!!横山「やっぱお前尻軽やんけ!この前までキスしたいのは俺とか言ってたくせに!!」腐がすごい。もう腐がすごい、なにこの展開。丸山「それは付き合うとかの話ではなくて、キスだけの話」横山「尻軽!!」丸山「尻ちゃうよ、唇やもん。部位が違う」丸山さんの反論の方向が斜め上どころかいつだって私たちの頭上高くを通り過ぎるからもう見えない。丸山さん見えない。

MCの最中、安田さんがマイクを前歯に強打してて、え!?!?天使!?!?ってなりました。村上「お前何年やってんねん!!」

 

MC後は、アラフェスならぬハチフェス!ファン投票上位曲とソロユニットシャッフル。大倉錦戸のtornという曲を横山村上でやってたのは爆発でした。かっこいいじゃんか……!!横山さん村上さんかっこいいじゃんか……!!!横山丸山のパンパンダを大倉安田がやってたのはかわいいの暴力。パンダの被り物が似合わないわけない2人ですもんね!もはや顔の一部!振りがうろ覚えでわたわたしちゃう大倉さんがかわいかった。最後の2人のウインクで会場妊娠。ファン投票1位のアルバム曲『ブリュレ』は炎ガンガン上がりながらガッシガシ踊るエイトが見れて最高でした。やっぱりエイトかっこいいんだよ…!この人たち、踊ればかっこいいの…!!

本編最後の純情恋花火では、メンバー全員浴衣着てたんですけど、この浴衣が白と黒を基調にしてメンバーごとに少しずつ違っててラメのラインとかも入ってて、どえらいかっこよくて白目むきっぱなしでした。最初に目をひいたのは錦戸さん。かっこいい…!やっぱり錦戸さん男前……!!!!そして、個人的浴衣MVPは大倉さんでした。なぜか1人だけ曲中にずっと浴衣の裾をぴらぴらめくって閉じてを繰り返していて、謎のチラリズム攻撃を受けた。ものすごい花魁感漂ってた。色気の洪水。浴衣大好きだからメンバーみんなじっくり見たかったのに、大倉さんばっかり見てた。恋。花火上がったのもすごいよかったなぁ。オープニングとエンディングとおして、夏祭り感すごい。世界観の統一たまらん。

 

大倉さん錦戸さんはただずっと笑っててただひたすらかわいかったよ!!という感想です。エイト2トップ男前のあのキュートさずるい!!!かっこいいくせにずっとかわいいなんてずるい!!!!

横山さん丸山さんはテレビのイメージと違ってひたすらかっこよかったので何度か腰砕けました。丸ちゃん最後のほう髪型崩れて前髪できててそれが「爽やかな大学生」感えげつなくてキュンの致死量。あんな彼氏がほしい。

村上さんは基本変わらないな~テレビでよく見る人が目の前おるで~~という感動でした。冒頭挨拶の「バカになろうぜえええええええ!!(こめかみに人差し指突き立てながら)」は、わぁーー!見ちゃった!噂のアレ、生で見ちゃった!!って思わず拍手した。

あと、生の安田さんはかわいいより男前でそれもびっくりしたの!安田さんなんてかわいいしかないと思ってたしもはや女の子見るぐらいのテンションで安田さんを見ようとしてたんですけど、安田さんを真近で見たときの「男やんけ!!!!!!」感。いや、知ってたけど。安田さんがオスなんて知ってたけど。あんなにかっこいい、普通にただかっこいい男の人だったなんて。知ってたつもりで全然知らなかった。かっこいいんだけど……安田章大さんすげーかっこいいんだけど……という最初の衝撃がでかすぎたので、その後どんなに安田さんがきゅるるんな笑顔をしようが大倉さんに抱きつこうがぶっちぎって可愛い行動連発してたとしても、終始「安田さんかっこい……♡」としか漏れなかった。安田の生のオス感マジどうなってんだ。というより、テレビを通したときのあの女子感のほうがどうしてん。何があってあんなに女子感出てたんだ。自分このオス感どこに隠してたんだ。テレビで見る印象が中性的なあまり、安田さん=乙女系アイドルという分類でいたんですけど、よく見ると顔の造作もメンバー1男っぽいのかなと思った。

渋谷さんはアリーナトロッコで一番近くに来てくれたんですけど、アリーナなんかに見向きもしない(かと言ってスタンドを見てるわけでもない)渋谷すばるワールド全開な立ち姿と歌い方でファンサなどすることなく通路をただ通過してった感じが最高でした。イメージ裏切らない。

 

 

関ジャニ∞最高楽しかったです!!!!!!終わってずっと「楽しかった」って感想しか漏れなかったのは、やっぱりエイトと同じ場であのハイテンションな楽曲と空気に触れることができたからだと思う。テレビの前じゃ絶対味わえなかった。生の空気。テレビ越しでも「この人らいつも楽しそうだなー」って思ってたのに、それがいざ自分も同じ場にいると他人ごとではなくなるんですよ!!!そんなの!!!!楽しいに決まってらァ!!!!!

 

もしまた関ジャニ∞の現場に行けることがあるとしたら、私は横山さんか丸山さんのうちわを持つだろうなと思いました。以上です。