読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の中心はここだ

WaTファンでありジャニヲタでもある地方学生が多方面に愛を叫ぶ記録

ベスアを見た

全部見た。
KAT-TUNの2曲は、30回ずつぐらい見た。狂ったように見た。
Dead or Alive前に「なんで今やめるの」ってファンの叫び声が聞こえるのが悲痛すぎる。
中丸さんのダンスが無気力すぎて、こんな中丸さんは見たことがなくて吐きそうだった。
亀梨さんの冒頭の歌声がひっくり返った瞬間が、もう本当に無理だった。
上田くんの固い表情を見ていられなかった。
でも一番辛かったのは、一番辛いのは、彼の目に揺るぎがないことだった。
無理だ。無理すぎる。
なんかもうほんとに、無理だ。何が無理だ。全部無理だ。何もかも無理だ。
馬鹿みたいに泣いてる。
帰宅して、吐きそうになりながらベスア見て、見終わって、また見て、見終わって、また見て、馬鹿みたいに泣きながらブログを書いてる。
馬鹿みたいに田口くんが好きで泣いてる。
今、何を言語化したいのかわからないのに、口を開けば、無理だ、無理だ、ってそれしか出てこないのに、書いておきたい。
書いておかないと、彼がいたことを、ちゃんと書いておかないと。
震えながら、歌い切る亀梨を、震えながらアイドルをやりきるKAT-TUNのエースを、どんな顔で見ろって言うの。
テレビに出る顔じゃない、テレビで披露できるダンスじゃない、ずっと床を見つめている中丸さんを、どんな顔で見ろって言うの。
表情が変わらない、ただ瞳が揺れる上田くんを、「うえぴー」って彼に呼ばれてきた上田くんを、どんな顔で見ろって言うの。
なんでこうなったんだろう。
なんでこれが現実なんだろう。
KISS KISS KISSの王子の顔見たらもう本当に涙止まらなくて馬鹿みたいだ。自分ほんとに馬鹿みたいだ。
笑うの。こんなときに。こんなときだから?
なんで、こんなときに。
こんなときにすら。
私は彼に恋をしてる。
こんなときに、3人がこんな顔をしてるのに、田口くんだけが完璧で、こんな異様なステージで、私はまた彼に恋をしてる。また「王子が好きだ」「王子のダンスが好きだ」「王子の顔が好きだ」「王子の歌が好きだ」って言いたくなる。
王子、って。
馬鹿みたいな呼び方だ。なんでそんな呼び方にしたんだろう。なんで彼だけを特別な呼び方で呼んできたんだろう。
馬鹿みたいに、私は、田口担でもないのに、馬鹿みたいに、王子、王子、って、田口くんの名前を呼び続けてきた。
Dead or AliveもKISS KISS KISSも4人で出した曲だ。ダンスのフォーメーションも歌割も4人のものだ。
ここから田口くんがいなくなる。
無理だ。
なんで。
なんで田口くん、そんなに真っ直ぐ前を見てるんだろう。
なんで笑うの。王子が笑う顔が一番好きだった。でも、どうして、笑うの。
置いていかれる。
好きな人に置いていかれる。
好きな人が、好きな人が、ここからどこにいくの。
ステージの上から、どこにいくっていうの、王子。
置いていかれる。
彼が私たちを置いていく。
彼が歩く未来が、私の未来と、全く関係がなくなる未来がくる。
無理だ。無理だ。
いったいこれは何を見せられてるんだろう。
3人の表情を見て、3人のことを考えて、彼の表情を見て、彼のことを考えた。
彼だけが完璧なんだ。
異様すぎる。世界で一番好きなKAT-TUNのステージが、異様で、ちぐはぐで、でも間違いなくこれはKAT-TUNだ。私が好きな4人のKAT-TUNのステージだ。
無理だ。
彼がここからいなくなる。
自分の意思でいなくなる。
自ら、ここから去りたがる。
あの日、あの、うちわを持てなかった日、年末の京セラで、彼に恋をして、彼にとってアイドルってなんて天職なんだろうと思った。その彼が、アイドルをやめる。
彼が、彼を、ここからいなくさせる。
大好きな人が、大好きな人を、ここからいなくさせる。
どんな顔でこれを見ろって言うの。
ジャニーズを見ても心が踊らない。他の好きなグループのステージを見ても、好きなグループの新曲初披露を見ても、好きなグループのメンバー全員のバク転見ても、全部辛い。何が辛い。わからない。
無理だ。
無理じゃなくなる日はくるのか。
今はただ、漠然としたショックと、悲しさと、恋心を、どうしたらいいのかわからない。
彼に置いていかれる。
無理だ。
彼に置いていかれる。
そればっかり考えてる。