読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の中心はここだ

WaTファンでありジャニヲタでもある地方学生が多方面に愛を叫ぶ記録

KAGUYA傘事件と壁ドン【NEWS LIVE TOUR 2015 White 3/21 名古屋 MC】

NEWS コンサート

 

NEWSツアー開幕したーーーー!!!!1年半ぶりだーーーー!!!!

 

f:id:atnnnas:20150323153444j:plain

グッズが思っていた以上に可愛いかったんですけど悩み抜いて手越うちわとペンライトだけ買ったら、いつもの手越担の友人(今回もほぼこの友人とまわる)から小山うちわとバッグとカレンダーを貰いました。「誕生日プレゼントだと思って」って渡された。かっこよすぎる友人。嬉しい…!!ありがとう!!(泣)誕生日は2月6日です!!

そして私は結局小山うちわを持って参戦しました。自分で買った手越うちわを使わない。1年半前のデジャブ。

 

ネタバレしない程度にざっくり全体の感想を。

今回のNEWSコン、初日があまりにも公開リハーサルだと感じてしまって(個人の意見です)間がめちゃくちゃ気になったりモニターだったり配置だったりトロッコだったり細かいところが引っかかってしょうがなかったんですよ。何よりメンバーが異様に緊張していたみたいで、歌詞間違えるわ歌詞飛ばすわテンポ走るわ、「みんないったん落ち着こ?ね?ワイらも落ち着くから。ね??」って感じの初日。1年半前の幸福ツアーがとても好きだったので、「やっぱり前回は超えられないかー」と思ってしまった初日。

友人のチケ運が無双だったので幸運なことに名古屋3公演全てを見ることができたんですが、2日目になってびっくりするほど「最高だ!!」って感じたんですよ。何があった。トロッコに多少の変更があったぐらいで、セトリや構成などの大きな骨組みは全く変わっていなかったのに。

とにかく細かいところがたくさん改善されていて、初日に感じたストレスをほとんど感じなくなっていた。一晩でとてもクオリティが上がっていて、「私このコンサート凄く好きだ!!!!」と思いました。

NEWSのコンサートっぽくなかったので、賛否両論あるのかもしれないですが、私は全力で楽しめた派です。ああ、NEWS攻めてきた、って凄く感じた。セトリも構成も相当細かく凝っていて、とても好きなコンサートだと思いました。NEWSコンがここにきてこんなに最高なんて。(頭抱える)

 

というわけでとりあえず挨拶とMCの話を。

 

 

挨拶

 

小山「俺はもうすごく会いたかったわけ、みんなに。そろそろみなさん、本気で俺のこと好きになりませんか?

なる。もうなってる。

 

増田「どうも、僕がみんなの増田貴久です(無駄に甘いイケメンボイス)」

小山「どうも、みんなの小山です」

増田「どうも、みんなの増田です」

小山「俺が…」

増田「いや、今俺がしゃべるとこ!チョットマッテチョットマッテオニイサン!!!

小山「(増田さんに合わせてチョットマッテのステップをやる)」

いきなり超楽しそう。

 

ここで着替えを終えたシゲアキがぬるっと登場。

増田「今回も僕が衣装をやってるんですけど」

シゲ「(両手を広げて衣装を見せる)」←かわいい

 

シゲ「どうも、みんなの加藤です。いや、君だけの加藤です。わたくしごとなんですが、名古屋行きの新幹線でラッスンゴレライの人と出会いました。サングラスかけてなかったのにわかった俺すげぇなって思いました。田中シングルさん(チョットマッテの方)とガッツリ目が合いました。俺その瞬間に、今日のコンサート成功するなって思いました。スパイダーフラッシュローリングサンダーするなって思いました

 

手越「めっっっちゃ会いたかったわー!こーーんなに会いたくなったの過去最大でござんす!もーみんなもたまっちゃってヤバイヨヤバイヨって聞いてるよ!」どこ情。

 

 

前半のある曲でアリーナに投げキスのファンサをする小山さんを目撃したんですが、唇をなぞって捨てるような雑な投げキスでクソ高まりました。

あと増田さんがやけにファンの子をおさわりしていて、増田がついに何かを解禁したか…!?これ増田担大丈夫なやつ…!?と余計な心配をしたくなった他担。一瞬だけどスタンド最前の子と手繋いでたよ。何事。

 

そして初日にして1本しかないKAGUYAの傘ぶっ壊した手越。最初に開くところでブワッと裏返っちゃって、結局直らなくてステージ袖にぶん投げてた。傘がない分、左手の使い方を綺麗にして妖艶に魅せてて、この人本当にステージで生きるプロなんだなって思った。ミスすら味方につける手越…。

でもその左手の使い方、MCで本人が「DAIGOさん(のロックステップ)ばりに回してた」つっててずっこけそうになったけど。

 

MC

 

小山「あのー、ごっさん、傘はどうしたのかね」

手越「壊れたァァ。小学生がブンッってやって裏返すやつみたいになったァァ。力づくでグンッってやったら今度は折れたァァ。だからブンッって投げたァァァ(デスボイス)」

小山「俺本当に心配になっちゃって、自分の傘手越にあげようかと思った」

こ、こやまぁ…。(天然萌え)

増田「傘を下に置いて隠れる振りあるじゃん。あれ手越傘なくて隠れられないから、俺傘置くとき手越との真ん中に置こうかと思ったの。手越がこっちに入ってくるなら2人で俺の傘に隠れられるかと思って」

シゲ「相合傘ね」

増田「そしたら手越、こっちに隠れるなんて素振り一切見せず(迷いなくしっかり前を見据え、エアで傘置きの振りを強行突破した手越の真似)」

手越「(爆笑)」

小山「手越ってミスすればするほど強気な顔するよね」

 

小山「こんなに俺もまっすーも心配してたのに、シゲは気づいてすらなかった」

シゲアキ。(呼びたいだけ)

シゲ「全然気づいてなかった。マジで今知った。俺KAGUYAは自分のことで精一杯だったから。いっぱいいっぱい」

小山「お客さんも大丈夫かな?ってちょっと静かに見てくれてたもんね」

 

増田「ここだけの話ね。他に言っちゃダメだよ。俺、カウントダウンコンサートとCDTV、傘で切っちゃって手から血が出てたから、どうでもよかった。すごい量の血が出るから見せたくなっちゃって、小山見てー(手のひらを小山に向ける)って」

小山「そうだよこの人、ステージ上で見せてくるからね」

 

増田「あとあれ確認してもいい?オープニングすごいよ」

手越「ははは!!!(爆笑)」

増田「(客に向かって)俺らのこと見えた?」

客「見えなーーい!」

白いスモークがたかれすぎて、オープニングの登場シーン、本人たちがもうステージにいるのに客席から一切歓声が出ず。(だってマジで何も見えなかった)

増田「あれリハーサルではなかったのよ。本番でスタッフさんもテンション上がっちゃってちょっとやりすぎたのかな」

シゲ「ほんとに何も見えなくて歩くの超怖かったもん」

そろーーーー…っと足を前に出しながら歩いたらしい4人(笑)かわいい(笑)

増田「まあね。明日からが本当のコンサートなんで。今日は公開リハーサルです

小山「もう言っちゃうんだそれw」

 

シゲ「昨日わくわくして寝れなかった」

小山「寝れねんだよ。手震えてきたもんねちょっと。緊張しすぎて」

シゲ「昨日、まっすーは来れなかったんだけど、3人で焼肉行ったんだよね」

明日が初日だからと夜中1時解散だったが、結局手越さんや小山さんは明け方4時に寝たらしい。2時からひと狩り(モンハン)していた手越と、寝れなくて手震えだして進行表確認して曲聴いちゃってドツボにハマった小山。

シゲ「で、夢見たのね」

小山「(笑)そう(笑)俺昨日手越の夢見たの(笑)」

小山の夢事情までしっかり把握しているシゲアキ。小山さん、シゲアキに会って一目散に「手越の夢見た」とか言ったのかな。早く誰かに言いたくてしょうがなかったのかな。小山がかわいい。(想像)(軽率)

手越が仕事場に年上の彼女を連れてくる夢を見たと言う小山。

増田「ちょっと俺それ(彼女役)やろうか」

すぐ再現コントしはじめるNEWS。(主に増田さんのボケたがりから発生)

小山「思ったより年上だからね」

増田「ちょっとまって、役作りさせて(芝居がかった動作で役のイメージをする)」

腰を曲げてヨボヨボ歩きながら手越の横を歩く増田。

小山「…上すぎるな!!」

今度はどこぞの奥様風に手提げかばんを提げた感じで歩く増田。

小山「違う!(笑)」

シゲ「あれぐらいザマスじゃなかった?」

増田「犬つれてない?」

小山「つれてない」

犬wwww

 

ファンの子たちもNEWSの夢を見るのかな?という話。

シゲ「それいいのかな。好きな人(メンバー)だったらいいだろうけどさ」

激しくネガティブシゲアキ。

好きな人が夢に出てくるんじゃない?小山、手越のこと好きなんじゃない?という話に。

手越「彼(小山)は俺のこと大好きだからね!(当たり前でしょと言わんばかりの顔で)」

小山「手越も俺のこと好きだから。最近、手越からevery.の感想くるから」

手越「(爆笑)」

小山「この前『傘持って出てくんなよ』ってきた。2人のLINEそんなんばっかだからね」

 

小山「いっかい好きって言ってみ?」

手越「…え?…え?w」

小山「いいから。俺のこと好きって言ってみ?いっかい言ってみ?俺のこと好きって」

手越「…え?w(攻められると絶対照れる属性)」

ここの小山さんがマジでヤバかった。「俺のこと好きって言ってみ?」って小山さんがマジでただのクソイケすぎて小山慶一郎と付き合いたい感情爆発した。

シゲ「壁ドンでもいいわよ」←?

小山「床ドンでもいいわよ」←?

結局、壁に寄り添って素知らぬ顔しながら手越からの壁ドンを待機する小山。

シゲ「(手越に向かって)ほら、小山待ってるよ」

手越「(照れてしょうがない)」

小山「ここ廊下ね。…(セリフ口調で)今日もevery.疲れたなァ」

増田「廊下って日テレの廊下か。学校とかかと思った」

この増田さんの冷静な一言、地味にめっちゃツボだった。

 

小山に壁ドンしながら「好き」と告白する手越。

 

 

何見せられてんのワイら。(ふと我にかえる)

 

 

 

手越「何だこれーーー!!!帰るーーーー!!!俺もう帰るーーーーー!!!!」ガチ照れてごしーー!かわいーーー!!

シゲ「手越!俺もして!!」(突然のカットイン)

手越「ふざけんなよ!」

シゲアキも壁待機して手越からの壁ドンを待とうとする。

…が。ここでちょっとしたホラー起こった。

照れる手越の横を恐ろしいスピードで小山が通り抜けてシゲアキに壁ドン。ホラー。

爆笑してその場に崩れるシゲアキ。

シゲアキから離れて、

小山「俺のシゲに何しようとしてんだっつの」

こやしげホラー…。

シゲ「お前wはえぇよwキスするかと思った」

こやしげホモー…。

 

手越「壁ドンとかほんとにする人いるのかな?でも股ドンはいいよね」

前にKちゃんNEWS(ラジオ)でリスナーから股ドンの画像が送られてきて、それが「たまらんかった」と真顔で言う手越。

増田「こういうことでしょ(愛のマタドールの振りにある非常口のマークみたいなポーズ)」

シゲ「それマタドールな」

小山「ツッコミはやいよw」

増田「!!こいつ(シゲ)俺のこと相当好きだぞ!」

シゲに向かって「まっすーのこと好きって言えよ!まっすーに壁ドンしろよ!」な増田小山手越。何がどうしてこうなった。

シゲ「マジでヤダ~~~~!!!」絶叫。可哀相。

結局増田さんに壁ドンするシゲアキ。

シゲ「(壁ドンしながら)未来ロケット(増田レギュラー番組)お疲れ。好きだよ」

増田「……」

シゲ「何だよこれ!」

増田「未来ロケット終わったし…」

シゲ「未来シアター(こやしげレギュラー番組)も終わったよ」

小山「みんな悲しくなっちゃうじゃん!w(客を見渡しながら)」

増田「でもでも、4×x(よんたいえっくす)決まったーー!」

小山「俺も羽鳥さんとキャラオケ18番って番組やります」

シゲ「羽鳥さんと!?」

小山「あ~あ~~(笑)また悲しい感じになるじゃん~」

シゲ「まぁそういうこともあるよ」

4月からの番組編成でNEWSにいろいろ起きすぎ問題。

 

ここでキャラオケ18番の番組概要説明。

手越「NEWSのファンの人って歌上手いよね」何を根拠に。

小山「たまにさ、カラオケ行くと、履歴が『NEWS、NEWS、KAT-TUN、NEWS、関ジャニ、、』とかになってるときある(笑)」

シゲ「たまに『NEWS(小山慶一郎)』って入ってるときもあるよね。すげーな、ソロ歌うんだ!?って」

増田「カラオケでシゲのところ歌うなら前の日にすごくお酒飲んでもらってね」

シゲ「誰がしゃがれ声だよ」

 

シゲ「ゼウスもありますね」

NEWSの中で唯一ゼウスに出演していない小山「ごめん俺ゼウス情報全くだわ!every.収録してたからさ

手越「every.って収録なの?」(冷静な指摘)

ド天然小山ーーー!「違うww違ったww」と崩れる小山。かわいい。(軽率)

ちなみにNEWSきっての運動音痴だといじられるシゲアキですが、ゼウスでは「シゲは言うほど悪くないねってくらい」(本人談)だそうです。

 

グッズのスリッパの売り込みを始める小山と手越。裏から自分のスリッパを持ってきて「みんな買ってくれた?」と執拗に聞く。

メンバーが持っているものはそれぞれ特製で、サイドに小山さんは□、手越さんは♡、増田さんは▽、シゲは○の白い刺繍がワンポイントで入っているらしい。手越さんの♡は可愛かったけど、小山さんの□はなんかすげー、白いソックスを洗濯して干したときに洗濯バサミの跡がついちゃった、みたいな感じだった。(伝われ)

「いいなー!」というオタクに、「これたぶん街の洋服屋さんでできるからね」って優しくオタクをなだめる増田。

 

MC明けの曲のためにステージを移動する小山さん、客に手を振りながら「ねー。僕が前に来たら僕を見てくださいねー」

増田「小山ばっかり見てたらヤキモチ妬くからね」

オタク「ぎゃーーー!!!」

増田「それでは聴いてください」

小山「なんだよその入りw」

 

~そして後半へ~

 

とりあえず21日のMCの感想としては、小山のシゲアキへの壁ドンと「俺のシゲに何しようとしてんだっつの」がインパクトでかすぎました。以上です。