世界の中心はここだ

WaTファンでありジャニヲタでもある地方学生が多方面に愛を叫ぶ記録

twitterのWaTファン286人聞いたWaTの好きな曲とその理由【5位~1位】

 

アンケート投票層はこちら。→ WaTファンアンケート投票層 - 世界の中心はここだ

32位~19位はこちら。→ twitterのWaTファン286人に聞いたWaTの好きな曲とその理由【32位~19位】 - 世界の中心はここだ

18位~11位はこちら。→ twitterのWaTファン286人に聞いたWaTの好きな曲とその理由【18位~11位】 - 世界の中心はここだ

10位~6位はこちら。→ twitterのWaTファン286人に聞いたWaTの好きな曲とその理由【10位~6位】 - 世界の中心はここだ

 

 

ついにトップ5の発表です!

 

 

 

 

5位 reStart(104pt)

☆作詞:WaT 作曲:WaT

★セカンドアルバム『WaT Collection』収録

セカンドアルバムを発売した際に1曲だけ新曲を収録してくれて、それがこの曲でした。ソロ活動期に出された唯一の曲に「どれだけの思い出を並べるより またこうして君と過ごせれば 止まった時も動き出すさ」「これから生きる時間の話をしよう」という歌詞。深読みせざるをえなかった。そして「ハモリ」と「掛け合い」はWaT楽曲の醍醐味だと思うけど、コメントにそれを挙げている人が圧倒的に多かったのがこの曲だった。「WaTの真骨頂」だとファンが胸を張る1曲。

初めて聴いたときに「なにこれ!この曲好きだ!」と思いました。最初の掛け合いでまず引きつけられて、ハモり最高!ってなります。2番の「クラクション」の部分好きです。

とにかくハモりが綺麗で、初めて聴いたときに感動しました!あとメロディが好きすぎる!「街に 明かり 灯る 季節」のリズムも2人の息が合っててとにかくWaTを感じられます!!「どれだけの思い出を並べるよりまたこうして君と過ごせれば止まったときも動き出すさ」という歌詞も、もうどうやったらこんな歌詞が浮かんでくるのかと思うくらいサラッと深いこと言ってる。色々なWaTの要素が詰まっているので1番に選びました。

ソロ活動のあとの新曲だったので、2人の新鮮なハーモニーにそれまでにない興奮を覚えました。かけあいのように入ってきていつの間にかハモってる感じがたまらなく好きです。白い息を吐きながら真冬の早朝に駅の改札口で聴きたい。

いつでもこの曲と共にWaTがぽんっとreStartしてくれる気がするからファンにとっては大切な1曲ではないかと。2人の掛け合いがとってもすてきでどきどきします!

二人の掛け合い、ハモりがキレイ。「どれだけの思い出を並べるよりまたこうして君と過ごせれば止まった時も動きだすさ」心にくる歌詞で個人的に好きな歌詞です。

“恋愛ソング”と思うとあまりピンと来ない。しかし「アルバムが発売され、久しぶりWaTが動き出した!!」という状況で初めて聴いた時には、嬉しさのあまり自ずと涙が出た。その時の感動が今でも忘れられないから。

メロディーもハモりも美しすぎる。二人以外には演奏してほしくない曲。リリースされた時期もあいまって歌詞を深読みしたりして、結局のとこ2人がいちゃこらしてるのが一番好きなんだと認識してしまう曲。

曲の出だしのハモリが、なんとも心地よく、歌詞の情景も目に浮ぶ。

ソロ活動をしていた時期に出たアルバムに収録された、唯一の新曲。この歌を聴いたとき、徹ちゃんも瑛ちゃんもWaTが好きなんだ!解散はないんだな!と単純に歌詞を見て思いました。離れていてもWaTととしてちゃんと還元するための活動なんだと安心できた曲なので、1番思い出があり、好きな曲です!!

掛け合いが大好き!!

少しずつ希望が広がって、優しく勇気付けてくれるような歌詞とメロディが大好き。
震災があった頃、もう日本は終わっちゃうんじゃないか、という不安な気持ちで日々を過ごしていたが、サビの歌詞にものすごく心を救われた。毎日何回も聴いていた。

2007年の半年間のソロ活動後に発表されたこの曲。半年のソロ活動なんて今考えればどうってことないですが、当時の時の流れ方と2006年の露出度から考えると、WaTが恋しくて仕方なかったタイミングで、どストレートなタイトルと、どストレートな歌詞の曲だったので、より胸に響きました。メロディーラインの心地よさと、WaTらしい掛け合いも大好きです。この曲があったから4年半待てたと言えるくらい大切な曲です。

曲調、歌詞、もう全てが好きです!!!

いつ聴いてもキュンとくるから。二人のことをずっと待っていられた根拠のような曲だから。

2人のハモりが好き!

2人の掛け合いが好き。

小池さんいわく「また2人に戻ってこれからも頑張っていこう」という曲で、この歌詞が出来上がるって素晴らしすぎます。コーラスワークもいい。

二人の掛合とハモリがとても心地よいです。

ファンになってからの初めての新譜だったので、聴きながら涙が出る位感動した。歌詞も曲も大好き!

二人のハモリがとんでもない。とにかくとんでもない。これぞWaTの曲だと言っても過言ではない。曲名通りの二人の想いが存分に詰まった曲で始めて聞いたとき確かぼろぼろ泣いた。ただカラオケで1人で歌いにくい……!っていつも思う。

再スタートの曲、これも思い入れがあります。

シングルがなかなか出ずにいきなりやってきたベストアルバム!それだけでも嬉しかったのに、新曲が入っていて、当時すごくテンション上がったのを思い出します。メロディーがなんだか優しくて、聞くと心が落ち着く曲です。

曲調もすきだし、二人の掛け合いが大好きです。

最近わたしの中で沸々と上昇してきている曲です。今回10周年のreStartを早く切ってほしいという思いが強すぎてランクインしました。WaTの追いかけるような歌唱、主旋律とハモリの入れ替わりが流れるような速さで行われる所がアツい!歌うのが難しそうなのに、それをやってのけるWaTがかっこいい!!!歌詞も再始動を意識した内容なので、またこんな気持ちで活動してくれたらいいな、と思っています。

しばらくソロ活動でさみしかったこともあり帰ってきた!!!と嬉しかった思い出が。かぶせてハモるとことかがWaTらしいなぁ〜と好きな曲。WaTの曲はどれもそうなんですが特に表現の仕方が好きな曲です。

一人じゃどうにもうまく歌えないところ。二人の歌に境目がないところ。これから生きる時間を想像させてくれるところ。

初めて聞いた時のワクワク感が忘れられない!

歌詞が泣ける。お互いソロを経験した2人がまた新たに活動する切なさと不安と希望が入り混じった。胸がギュッとなる曲。

「交差点人並追い越せば広がる視界過ぎゆく世界」のところのメロディと歌詞が素敵すぎて…

改めて頑張ろうと思える曲。

当時、久しぶりの新曲で嬉しかったのもありますが、2人のかけあいがすごく好きだからです。

未来に向かってる明るい歌だから。

とっても名曲!WaTの真骨頂!ハモりと掛け合いが贅沢に取り入れられてて 他の人ではなかなかカバーできない位の難曲。これがアルバムの中の一曲として埋もれちゃってるのがもったいない。もっともっと世の中の人に聞いて欲しいと思ってます。

初めて聞いたときふたりの掛け合いにとても感動したのを今でも覚えています。歌詞も、ふたりの掛け合いとハモリもすごく素敵。

メロディーラインがキレイで好きな曲。

二人の掛け合いとか、重なるハーモニーがすごくキレイな曲!二人で歌う良さ、重なる二人の声色の良さを存分に味わえる曲だと思います。WaTがこの二人でよかった!!!!!と感じる曲です。

僕のキモチと同じ、2人の息のあった掛け合いから始まる点とタイトルの再スタートというこの重なりに、初めて聞いた時胸を打たれその衝撃が忘れられない。メロディーが爽やかなのに切なくて好き。

ハモりが素敵なので。WaTの真骨頂という感じがします。

2人のハモりが最大限に発揮されているとても聴き入ってしまう歌だからです。

2人の追いかけ合うメロディーや絶妙なハモリが心地良いです。大サビのユニゾンも希望しかない!という感じがしてとても好きです。そして「これから生きる時間の話をしよう」という歌詞に、WaTを待ち疲れて折れかけた心を何度も救ってもらいました。日常生活でも後悔することは多いけれど、何度でもreStartする勇気をもたせてくれる大切な曲です。12月のライブでこの曲を最初に歌ってくれたら即号泣です。

輪唱もハモりもあって、WaTとしての魅力が詰まった曲だと思う。

全曲の中でもハモリと掛け合いが大好きです。あ~WaT~!ってなります

 

 

4位 青春の輝き(122pt)

☆作詞:WaT 作曲:WaT

★シングル『36℃』c/w

NHK「にっぽん熱中クラブ」テーマソング。ライブで無条件に盛り上がるアップチューン。早口が印象的な青春ど真ん中恋愛ソング。「ライブで盛り上がるから」「瑛ちゃんの水鉄砲」というコメントが8割でした。いやほんとこの2つのコメントがとても多くて全て載せきれませんでした!ごめんなさい!要するに次のライブでも絶対歌え!!!!

メロディーもめっちゃ好きだし、サビの歌詞は聴くたびに感動します。WaTでの活動が雲行き怪しくなりつつある中、ライブでこの新曲を発表してくれたのがどれだけ嬉しかったか。

WaTでは珍しいアップテンポな曲で大吉ツアーのときにすごい盛り上がって楽しくて、今でも聴くと楽しくなります。右手も勝手に上がってきます。

冒頭の旋律でテンションが上がる。

ライヴで流れた二人の映像とか、瑛ちゃんが巨大水鉄砲持ってはしゃいでいたのとか全部ひっくるめて好きです。カップリングで世間的にそんなに目立つことがなかったのが残念。

元気の出る曲。LIVEに行った時、瑛ちゃんが、水鉄砲持ってたのが忘れられない。

ライブ一番の盛り上がりはこの曲!かけてくれウォーターガン!!

流れると必ずテンションが上がります!瑛ちゃんに水鉄砲かけてもらえた思い出の曲でもあります。まさに私の青春の輝きであるWaTさんをもっと好きになった曲です。

この曲は楽しい!シングルA面じゃないから、WaTファン以外にあまり知られてないのがもったいないとおもっちゃいます。ちょっと懐かしい感じのメロディーも良いです。

握手会やライブなどその時のことが鮮明に思い出せるのと、大吉ライブで一番二人がキラキラしてるから。

ライブでは是非聴きたい一曲!というか、ライブでの楽しい思い出が蘇るから、つい聴いてしまう大好きな曲です。WaTにしては珍しい、悲恋で終わらずに「今が楽しくて仕方ない!」という若さを感じる所が好きです。

楽曲の素晴らしさはもちろんですが、LIVEでの盛り上がりが大好き過ぎて、忘れられるわけないじゃん♪です(笑)最前列で水をかけられた事も、瑛ちゃんの「手ェあげろーー!」も、大好き。聴いているだけで幸せを感じる曲です。

アップテンポで元気を貰える歌なので、好きです!コンサートで元気よく歌ってるWaTの二人が、目に焼き付いています!

名曲だと思ってます。何でカップリングなのか分かりません。世の中の人にWaTはこんな曲もやってますってのを見てほしい!!…ってくらい好きです。

野音での「手ぇー挙げろぉー」がカッコ良すぎた。青春の切なさとすがすがしさでキュンとなる曲。

ノリがいい。瑛ちゃんのライブでの「手ぇ上げろー!」一緒に振りたい!「明日もきっと晴れるといいな、でもにわか雨降るかもな」ここの歌詞が可愛くて好き。

ライブで流れた映像も好き。

初めてWaTに会えた日に初めて聴いた特別な曲。テンポも詩も最高。

夏のライブに欠かせない一曲!瑛ちゃん歌いたいのに水鉄砲係で歌えないよ〜〜〜!!ってね。そして絶対この曲だと2人の密着が見れるしね(笑)

本人たちもとても楽しそうに歌うし、ライブで一番盛り上がる曲だと思う。

まさに“青春”って感じで、聴いてて楽しい気持ちになる。

初めて聴いたときにビビビッ!ときたこの曲。やっぱり言葉選びがWaTらしくて好き。

LIVEには欠かせない。瑛ちゃんの水鉄砲も欠かせない。

LIVEでやったら盛り上がるナンバーワン。当時DVDを見て友達と歌詞を考えた記憶があります。LOVEや夢をテーマにした曲が多い中こうゆう曲は新鮮でした。

水鉄砲!!!聴くというよりライブでは欠かさずやってほしい!はしゃいでる2人を見せてくれ!!2人の楽しいおかおください!!!という曲です。

WaTにしては珍しくノリノリな曲ですよね!でもただノリのいいだけじゃなくやっぱりWaTらしい歌詞で青春を表現してるなーという印象です。彼らの曲は青春のキラキラが詰まっているように感じます!

元気が出ます。気持ちが落ち気味の時に聴きたくなる。で、聴くとWaTに会いたくなる。

3ショット撮影会で初めて聴いて盛り上がれた!

大吉ツアーDVDに入っている唯一の未音源楽曲で、死ぬほど聞いて耳コピしていました。AメロBメロの早口な感じとサビの『~じゃん』の部分が好きです。本当カップリングではもったいない。

凶×小吉ツアーに行って、そのとき新曲としてお披露目したとき瑛ちゃんが水鉄砲を持ってたこともあり、楽しくてその場で好きな曲になりました。他のアップ曲と比べてもテンポが速く、早口で言葉数が多いところもお気に入りのところです。

ライブに欠かせない1曲!!聴くと無意識に手挙げちゃうし、歌詞も好き!言葉のチョイスがいちいち可愛すぎませんか!!大吉ツアーのDVDで、何回リピートしたかわからない。とにかく盛り上がるし、聴くだけで脳内ライブスタートしちゃいます(笑)

大吉ツアーでの、この曲が流れながらの二人のスライドショーを見て「将来絶対結婚式でこの曲使う!!!」と決めました。ライブの感じがとても好き。WaTの曲はアコギでスローな曲が比較的多いけど、ポップでノリの良い夏フェス感溢れるこの曲が大好きです。

2人のハモりが多くて好きです。

ノリもよくて曲からもキラキラしたものがはじけでている。

出だしの所から、勝手に二人の事かなと思って微笑ましく思ってました(笑)

大吉ツアーの時の盛り上がりっぷり、興奮が忘れられません!

 

 

3位 5センチ。(134pt)

☆作詞:WaT 作曲:WaT 

★2006/1/25リリースの2ndシングル

★ファーストアルバム『卒業TIME~僕らのはじまり~』収録

★セカンドアルバム『WaT Collection』収録

みんな大好き2ndシングルが3位に。「午前3時君からの電話」という冒頭に戦慄したファンは多いはず。楽曲の破壊力もさることながら、ミュージックビデオの人気も強い。

メロディーが好き。発売当時、メディア露出が凄くて、頑張って追いかけたなーという記憶と共に好きな曲です。ラジオでのトーク面白かったなぁ。 PVの右肩上がりは神です!

ラジオで流れてきた曲「5cmだって離れていなくない~」ええええっ( ; ゜Д゜)何を言ってんだ!この子達はっ!と思い、どっぷりハマりました。

イヤフォンだと二人の声が別々に左右で聞こえてくるところも大好きです。

可愛らしい二人の雰囲気とアツアツっプリが一番感じられる曲。あと、この曲だけはカラオケで転調しなくても比較的楽に歌える!

きっと抽象的な歌詞よりも具体的で細かな描写のある歌詞が好きで、WaTは実体験であろうと思われる歌詞がたくさんでわたしの好みをよく体現してくれてるこの曲が大好きです。曲も歌詞も歌声もかわいいを武器にするWaTにぴったり。また一昨年に職場のカラオケで歌ったところ同い年のイケメンが知ってる!と一緒に歌ったこと。同い年なら誰だって知ってて学生の頃を思い出せる流行りの歌だということに嬉しさが込み上げたものです。

基本的にアップテンポでhappyなメロディーの曲が好き。他の曲にも広く言えるけど、曲のテーマに対してそれを伝えるための物語が、普遍的な想いの中に、WaTらしいonlyoneを生み出しているだろうな。

メンヘラ彼女をとことん受け入れてくれる「僕」の包容力と純粋さに不覚にもキュンとしてしまいます。しかもまたこの歌詞を書いたのがWaTの2人だと思うと、いったいどんな気持ちで書いたんだろうと、ますますぐっときてしまいます。

幸せな気持ちが溢れるので。あと、高校生の時ずっと聴いていたので思い入れが強い一曲です。予定は未定の結婚式にも使いたいと考えてるくらい好きです!

リズムもテンポも歌詞もWaTらしい。PVも可愛い。スノボしてる所も最高(笑)控えめで、でもしっかり彼女を守ろうとする男性目線の歌詞が、女の子が聞いても共感出来てしまう。応援してしまう。そんな力がある曲だから。

WaTを好きになったきっかけの歌。

神イントロ。思わず、たまたま持ってたハーモニカで練習してました。歌詞は初め聴いたときちょっと「こわっ」と思いましたが、今はもう気になりません。メロディーも良いし、楽しくなる楽曲。

一番よく聞いた曲です。徹平さんのかわいさ満載、二人の距離感もすごくいい。

右肩あがりの徹平が可愛い・・・

「声聞きたくなっただけ一言呟いてオヤスミ」「5分おきに君からのエンドレスなメール届いて」という歌詞をストーカー曲とネットでいじられてるのを見ると嬉しくなります。徹平くんのブルースハープが好きです。

WaTのキラッキラ系アイドルソングだと思ってます。

イヤホンで聞く最後の「僕たちのキモチが5センチ以上離れませんように」が大好きすぎます。

メロディーが好きで、たまに歌なしバージョンをBGMに家事してます。

この曲はかなり聴きこんだ曲です。カラオケで歌いたくて一語一句歌詞覚えたくて沢山聴きました。冬になると必ず聴きたくなるし聴くと右肩上がりにテンションが上がります。

「5センチだって離れていたくない」って歌詞がWaTと5センチだって離れていたくないと思える。

ハーモニカとギターの音が好き。ただそれだけです。というか個人的にこのPVあたりの徹平くんがさらに可愛くて大好きです。

初めて買ったWaTのCDです。購入した当時、嬉しくて嬉しくて毎日聴きまくってました。あと、スキー場ではしゃぐ二人が愛しくて仕方ありません。

スノボしてるのがカップルのようで、あーんしてるのも!徹平ちゃんの口もと!!二人の世界の流れるようなメロディーが好きです。

距離感がいい!!「離れていたくない」が本当にキュンときます!!

PVがとてもかっこよくて可愛かった。

学生の頃カラオケで歌ってた青春ソングです。

なんか若いなぁって思う恋愛観だけど、当時の2人にはぴったりだなぁって思いながら聞いてました。

PVの徹ちゃんの右肩のところが萌える。ライブでのワイパーも一体感を感じられて好き。

歌詞は「午前三時に君からの電話」とか、めっちゃ迷惑な話だけど、最後まで聞くとものすごーく恋がしたくなる。瑛ちゃんが言ってた「ブルースハープを吹く時の徹ちゃんの唇がキスしたくなる唇」って言うのもめっちゃ覚えてる(笑)

 

 

2位 あの日(146pt)

☆作詞:WaT 作曲:小池徹平

★シングル『僕のキモチ』c/w

★セカンドアルバム『WaT Collection』収録

2人が自分たちのことを書いた歌です。「あの日あのホームで大きなギターケースにいくつもの夢詰め込んで」「まだ道の途中でかけがえのない君と出会い」「振り向けばいつもそこで 過去の僕が見つめ返してる」上京して出会い、ユニットを組んでストリートライブを行うようになったWaTから見た世界はきっとこうだったんだろうなと思える。ファンにとってもきっと2人にとっても大事な曲が2位に。若々しさが滲み出る曲と歌声。今だからこそこの曲を歌ってほしいというコメントがとても多かったです。

デビューしてそれまでの下積みのこと、そして一番お互いがお互いに対しての気持ちとファンに対しての気持ちを歌ってくれてる。

2人の想いが伝わってきて、曲調も歌詞もすごく好きです。WaTのLIVEにはまだ行ったことがありませんが、生で聴いたら絶対泣いちゃうと思います!

自分が上京したときのことを思い出して、初心に戻ってまた頑張ろうと勇気をもらえる。

WaTのストリートの頃が目に浮かぶので好きです。「大きなギターケースにいくつもの夢つめ込んで」など、WaTらしい歌詞も好きです。

WaTを好きになるきっかけとなった曲。CDはレンタル派の私は普段カップリングの曲は聴きませんが、いつも通り数枚借りてきたCDの中で僕のキモチのカップリングだけなぜか気になって、なんとなく聴いてみてからこの曲が大好きになりました。曲の中に物語を見て、当時子供ながらにすごく感動したのを覚えています。歌詞、曲調、歌声、パート構成と全てひっくるめて大好きな曲です。

これ聴くと泣けてきます。

これはもう断トツです!「あのホームで大きなギターケースにいくつもの夢詰め込んで」は徹平さんが上京したときだと勝手に解釈してます。からの、かけがえのない君と出会い〜のところとか二人のことにしか聴こえなくてすごくグッときます。ライブで瑛士さんが徹平くんの肩に手回して歌うとこも大好きです。

いつ聴いてもこの曲でWaTをすきになった最初の気持ちを思い出せる。

「かけがえのない君と出会い」って歌詞に二人の絆を感じられる。

歌词很棒!很让人感动。不管听多少次都会哭。我也要坚持梦想!!! (素晴らしい歌詞!すごく感動した。何回繰り返し聴いて泣いたか。私も夢を追いかけたい! *1

今、一番、生で聴きたい曲です。2人のWaTへの想いが入ってる気がします。この曲を聴くと泣きそうになりますが、信じて待ちたいという気持ちになるからです。

やっぱり2人の気持ちが素直に書かれてて わっとも達が素直に何年も待てた心のよりどころの曲かな?と思ってコレに決めました!どんなに誰かによりみちしたり浮気してもかわらずここで歌ってるからいつでも帰っておいでみたいな。WaTが歌い出したらみんなも待ち合わせのこの場所に帰ってきましたもんね。

ブルースハープがいい。イントロから泣ける!!!!何より歌詞が好き、二人の想いが真っ直ぐ伝わる歌詞が大好きすぎて。1番、2番をハッキリ二人で歌い分けてるのもいい。(情景が浮かぶ) ハモりの部分だけ二人で声が重なるのもいい。あとは…おみくじツアーの歌唱映像が大好きで。あの徐々に近づき肩にそっと手を置く瑛士くん。その隣でギターを弾く徹平さん。美しい。何度この歌を生で聴きたいと願ったか、数えきれません。

この曲を聴いていると二人が努力してきた日々が浮かんできます。WaTの絆が感じられる曲で大好きです。

路上やっていた時代はもちろん、デビュー当時も知らない私としては想像でその時の彼らが歌うのを思い浮かべます。これを聴くと「2人が出会ってくれて本当にありがとう〜」と頭を下げたくなります。

僕のキモチも好きなんですけど、カップリングを聞いたときの衝撃は今でも忘れられません。一番が徹平くん、二番が瑛ちゃんの心情が描かれていて泣きそうになります。2人がWaTになってくれて良かったと思える曲です。

どんな時でも歌ってる二人は当時のことを思い出してるんだろうなあって思うと泣ける。

WaTのことを歌った歌だから。若い2人の不安や期待が入り交じってる歌詞。「そして今の僕はまだ道の途中で君とつくる未来をまた見知らぬ誰かに届けられるようにこうして今もこれからも歌い続ける」という歌詞にはこの曲を聴いてる私たちファンも“見知らぬ誰か”として登場してるのだと思います。DVDを見ててこの曲に差し掛かると涙が止まらなくなります。

若かりし頃の二人を想像しちゃって、聞くたびに涙が出る曲です。

聞くとうるっときちゃう曲です。いろんな決断して悩みながら頑張ってきたんだな、って思うと一生着いていきたい。行くんだ。って気持ちになります。「かけがえの無い君と出会い」って歌詞が好き。

デビュー作のカップリングとして、初めて聞いた時に衝撃を受けました。まだ、2人の事を詳しく知らない状態だったので、エッ!アイドルユニットじゃない。こんな歌詞が書けて、こんなメロディーかけるんだと思いました。

ふたりの出会い、未来への不安、夢、これから。かけがえのない君と出会えてよかったね…!涙なしには聴けません。この曲になると二人が近寄って、肩トントンするのも好き。

「あの日あのホームで大きなギターケースにいくつもの夢詰めこんで」のところがすごく好きです。ここの部分WaTの歌のなかで一番情景浮かんでくるし、ギターケースに夢を詰めこむ…頭の中でもリュックサックでもウエストポーチでもなくギターケースに夢を詰めこんだところ好きです。

いつ聴いても昔を思い出して切なくなったり、心が綺麗になれる曲。今までどちらかと言えば、ひねくれたものの方が好きだった私。恥ずかしいくらい真っ直ぐで純粋な気持ちを、てらいもなく素直に歌う二人に「なんてキレイなんだろう」と思って落ちました。

初めて聴いたときから好きで、不動の好きな曲です。中学生のとき生徒手帳に歌詞を書いたのを覚えています。笑

この曲に込められた想いが彼らの原点なのかなぁと。夢と不安とが入り混じった当時の気持ちが詰め込まれている感じで聴く度に染みますね。

カップリングで、ファンじゃない人は知らない曲だと思うけど、ストリートでの情景が鮮明に浮かんでくる素敵な曲。大吉ツアーで徹ちゃんがギター弾きながら歌い、瑛ちゃんが徹ちゃんの肩に手を回し歌ってるのが印象的。

瑛ちゃんと徹平くんが、お互いにかけがえのない存在であることをストレートに歌っているところに二人の友情を感じられて好きです。いろいろなことに悩んで考えながら一歩一歩成長してきたんだろうなとわかる、苦労してデビューしたWaTだから歌える名曲だと思います。ただ、当時は決して歌が上手いとは言えないと思うので、欲を言えば今の彼らの歌唱力でもう一度聴いてみたいです。

この曲を聞くと2人の姿を思い浮かべます。昔の曲だからこそ、懐かしいようなじんわり温かく感じます。今の2人で歌ったら、きっと全然違う感じ方をすると思います。

2人がデビュー前に感じたこと、不安、期待、希望、感謝が素直に綴られている。僕のキモチのカップリングというだけあって当時の若々しさが全面に出ている。今もこれからも歌い続けてほしいです!!

何回も聴いて何回も泣いた。デビュー曲のc/wってとこがまた感慨深い。WaTそのもの。

 

 

1位 僕のキモチ(260pt)

☆作詞:WaT 作曲:WaT

★2005/11/2リリースのデビューシングル

★ファーストアルバム『卒業TIME~僕らのはじまり~』収録

★セカンドアルバム『WaT Collection』収録

2位と114pt差というぶっちぎり1位!!ぶっちぎりすぎて集計しながらちょっと笑った!!WaTファン結局ベタだな!!!!「やっぱりこれ」「涙のMステ」「紅白のハプニング」多くのファンの物語の始まりとなり、多くの思い出を連れてきた。歌番組出演のたびに歌われ続けたこの曲に、またこれかよと思いつつも結局好きな曲聞かれたら「僕のキモチは譲れない」って言うんだからファンも結局この曲が大好きなんですよ!ベタで悪いかよ!!!

デビュー曲のこの曲が一番思い入れがあります。

この曲なくしてWaTなし!

あの涙のMステが今でもはっきりと思い出せる。

WaTといえば、やっぱりまずこの曲が浮かんじゃいます。デュオらしさとか(テレビの露出が多かった)当時のこととか思い出す、WaTらしい歌。

この曲を歌う二人を見ると“WaTが好き”と言う気持ちが大きくなり毎回涙が出てきます。これからもWaTの二人が笑いあう姿を見ていきたいです。

WaTが一番好きな時に聞いててもまたこの歌か~なんて思ってたけど、今改めて聞くとイントロだけでものすごく泣きそうになるから多分なんだかんだ1番好きなのかと(笑)

Mステで泣いていた当時はファンではなかったのですが、何度も聴くうちにいろんな魅力をしったりして。代表曲かつ名曲だと思います。あああああすきだああああってなります。

 堂々の一位はやっぱこれですよ!!

記念すべきデビュー曲!!!紅白、Mステでのハプニングや大吉ツアーでのあの姿。涙、感動、わくわく、ドキドキ。これぞWaT!!がつまった素敵な曲だと思う。

テンポの良いメロディにまっすぐでキラキラした歌詞に、2人の可愛くてピュアな部分が表れていて大好きです。Mステや紅白のハプニングも印象的で、10年の歴史を語る上では切り離せない曲だと思います。当時、ファンへの感謝の気持ちも込められているとかどこかで語っていたと思うんですが、そういうところもWaTらしいな~と思います。

「君が笑う そのことが ただ嬉しくて」言葉が真実。ファンとWaTを表しているようでもあり、WaTお互いの関係性でもあり。すべてを純粋な想いで包み込んでくれるようなWaTの優しさが詰まった曲。

メジャーデビューシングルで、私がWaTファンになったきっかけでもありますので、やはりこの曲はゆずれません。

泣いたMステ、ハプニングの紅白は未だに忘れられません。今もずっと可愛い二人ですが、デビュー時こそが私の中では全盛期です。あと、WaTに興味を持った腐女子には初限CDに付いているDVDを取り敢えず押し付けています。

この曲を歌うときのWaTとファンとの一体感が最高だから!

デビュー曲だから、というのがこの曲を好きないちばん大きな理由です。今聞いてもキラキラしてて、Mステ初登場で小池くんが涙を流しながら歌ってたのが印象的。

すごく共感できる曲です。特に「キミが笑うそのことがただ何よりも嬉しくて」という歌詞が好き。今までたくさんの人を好きになってきたけど、大好きな人が笑っている!それだけでこんなに幸せになれるということをWaTを好きになって知りました。
王道かもしれないけど、やっぱり「僕のキモチ」が1番好きです。

初めてテレビで見たときにかっこいいなと思ったのがやっぱり僕のキモチ。私のWaTが好きになり始めるきっかけでもありました!

デビューの頃の二人のキモチやファンのキモチが一気に蘇ってくる特別な曲だと思う。キラキラした歌詞を書いたあの頃のWaTと、ステップアップした今のWaTを重ねていつも聞いているような気がします。

インディーズからデビュー当時幼く財力の無かった私には初めてきちんと手元に形として届いたWaTとしての楽曲だったため、思い入れが強い。楽曲自体では男性デュエットとして2人の掛け合いから始まる部分がすごく魅力的でそれがファーストシングルであることもまた、世間にWaTというユニットの良さを知らしめたきっかけであると思うから。

好きになったきっかけでもあり、メジャーデビューの大切な曲。どんな時でも、聞くと幸せになれる。

LIVEでこの曲はいつも必ず号泣。なぜだかわからないけど号泣。デビュー当時の2人と目の前の2人が重なって…上手く言葉にならないけど、「ありがとう」の気持ちと「幸せ」な気持ちと「またしばらく会えない。次はいつ?」って想いでいっぱいになる。

確か、亀田誠治さんだったと思うんですが、ヒット曲について語る雑誌の連載で「初っ端から最後まで完璧。売れない要素がない」的な事を書いてて、それが印象に残ってます。

デビューするって聞いて初めてCD屋さんに行って自分で予約して自分で買ったCD。
お小遣い貯めて買いに行って、2日後のMステに出るからって必死に覚えたり、初めてWaTに会いに行って初めて生で聞いた曲だったり、初めてや思い出がたくさん詰まっている、まさに青春そのものの曲。

WaTのキラキラした世界観が好きなのでこの曲のMVは100億点満点。

当時はファンではなかったけど、Mステは衝撃的でした。確実に自分の中で好感度が上がった瞬間でした。ピュアな歌詞もカワイイですし、まっすぐな気持ちが伝わってくるWaTの代表曲だと思います。

デビュー決まってからはとにかくひたすら聴きまくっていました。いろんな思い出とわたしのWaT歴史のスタートの曲。PVおすすめポイントは今でも語れます。

Mステで泣いてたてっぺいちゃんを忘れろという方が無理です…!

ベタですけど、そのベタさに結局やられます。どんな気分でも耳に心にすんなり入ってくるところがまた素晴らしい。これもまたベタですが、WaTの楽曲はサビ前のひっかけがやっぱりいいなあと聴くたび実感します。

WaTを好きになったのが、初紅白でこの曲を歌っている最中にマイクが倒れても、歌を伝えたいという気持ちに溢れた二人を見たからでした。そんな大切な曲だから。

「君が笑うそのことが何よりもただうれしくて…」震災から1年、心に染みました。

何度聴いても、なメジャーデビュー曲。今2人が歌っても、誰かとコラボしても、ソロで徹平くんが歌っても、やっぱり嬉しい。WaTや~って嬉しい。

ファン以前から知ってたのはこれだけ。むしろ曲は知ってたけどWaTが歌ってたとは思ってなかったかも。でも良い曲なのは知ってました。曲名が「僕のキモチ」なのもいい!みんな大好き!いつまでも大好き!

やっぱりこの曲は外せない。WaTメジャーデビュー曲。この曲を初めて聴いたときの、「これからWaTと一緒にどんな楽しいことが待っているんだろう」って本当にわくわくした、あの気持ちは一生忘れないと思う。真っ白のふわふわの衣装に身を包んだ初々しい2人も、本当に可愛かったな。多くは語らないけど、あの時のWaTがあるから、今の私がいるのです。WaT好きだぁぁぁ~~~~~!!!

飽きるほど音楽番組で歌ってくれてるけど、やっぱりこの歌からWaTにハマった私としては外せないマストアイテム的な感じ。デビュー当時の初々しい歌声も好きだけど、年々上手さも色っぽさも増してきてる気がして、この歌で彼らの成長も感じられます。

もう年月が経ってるしリリースがないと結局これ頼みって感が否めないけど、終盤の「ラーラーラーラ…」の一体感やワイパーができるのでありがとうとお礼が言いたくなる流れがいいですね。どんなに好きな曲でも日の目を見ないのは寂しいので、この曲にはそんなヲタ心を満たしてくれるメジャーさと頼もしさがあります。

不動の曲。震災の時にFNS上を向いて歩こうの二人からのメッセージもほんとに嬉しかったです。

とにかくまっすぐでキラキラしている王道のWaTラブソング。寒くなる時期に聴きたくなります。

冬になると思い出す。雪がヒラヒラ舞ってると思い出す。イルミネ〜ション♪がつき始めると思い出す。

僕のキモチは、私が小学生のときの運動会で妹の踊りの曲に使われていて、初めて聴いた時、「すごいいい曲だなあ」と衝撃を受けて、妹も僕のキモチ好きだったのでよく2人で歌ってました(笑) わたしにとって思い出の曲でファンになる前からずっとずっと好きな曲です!

悩んでやっぱりWaTといえばこの曲かなと思います。最近は徹平くんとイセキさんで聴くことも多いけど、やっぱりこの曲はWaTじゃなきゃだめです。笑

 

 

 

まとめは次回に持ち越します

トップ5に対するまとめは、次回、WaT楽曲ランキング総括記事で一緒に書きます!コメント多すぎてこの記事の文字数がえげつないんだ!もうそろそろ切り上げないとスクロールする手も疲れてると思うの!ほんとごめん!

ちなみに私のトップ3は、1位『自転車』、2位『青春の輝き』、3位『時を越えて~Fantastic World~』です。

3曲だけなんて選べない、順位なんてつけられない、等の意見もあっただろうと思います。投票とともにたくさんのコメント、本当にありがとうございました。全てに目を通しました。トップ5に寄せられたコメント量は本当に凄くて、全て載せきれていません。本当にごめん!!!せっかくいただいたコメントを全て載せられなくてゴメン!!!コピペの終わらなさに途中で心折れた!!!!

 

 

次回、楽曲ランキングまとめです!

 

*1:訳すの間違えてたらごめんなさい!