読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の中心はここだ

WaTファンでありジャニヲタでもある地方学生が多方面に愛を叫ぶ記録

KAT-TUNコンサート行ってきたぜ~~~~!!!!王子~~!好きだ~~~!!

 

あけましておめでとうございます!!今年もよろしくお願いします!

初夢は、けんくんと付き合ってるのに井ノ原さんと浮気する夢と、太一くんと付き合ってるのにぐっさんと浮気する夢、というねっとり濃厚な2本立てでした。自分の精神状態大丈夫なのか新年早々心配。

 

今年は実家に帰ってテレビを見ながら年を越しましたー!(例年通り)

紅白最高だったな。

V6初出場なのにいいように使ってくれるありがたさたるや…。そして披露曲がWAでよかった…。オタクはみんなテレビの前でWAになって号泣ですよ…。TOKIO先輩がマジ先輩すぎてラブユーオンリーがジャニーズカウントダウンコンサート状態だったのがジャニヲタに甘すぎる今年の紅白ハイライトだった気がします。あと長野担的衝撃はひろしくんがマイク持って喋ってたことですかね。

CDTVSMAPとNEWSが新曲を披露して、衝撃的に女子アイドルっぽいユーモアしちゃって、KAGUYAでテンションぶち抜けて、マジ年明けたな~~~!と思いました。クソDDジャニヲタの実家年越しは平和。

 

さあ、風の噂に聞く東のカウコンの感想がだいぶアレだったこの年末年始ではありましたが、今日私は西のカウコンの話をしにきました。

やっと書ける!!なんかもう早くも記憶ねぇけど!!

 

 

KAT-TUN COUNTDOWN LIVE come Here 2014-2015 12/30 京セラドーム大阪

行ってきました~~~~~!!

 

f:id:atnnnas:20150103111558j:plain

 

年末大阪通い妻締めくくってきたぜーーー!

27日と29日に観た森田剛さん主演舞台『ブエノスアイレス午前零時』の感想もまた書きにきますが、まずは人生初KAT-TUNコンの感想を!!!!

 

なんと言っても!!これだけは真っ先に言いたい!!!

 

 

 

 

 

 

 

ペンライトと田口うちわ売り切れ。

 

 

なんとなく予想していたとはいえ、18時開演のコンサートで13時半にうちわ売り切れとかあります?16時にペンライト売り切れとかあります??31日なんて物販開始35分で田口うちわ売り切れでしょ??

 

おい、運営。(ドスの効いた声で)

 

こうなってくると、KAT-TUNのファンクラブ入って好きなアーティスト名「田口淳之介」で登録しなきゃいけない気がしてきた。

 

人生初KAT-TUNコンがまさかの手ぶらかよ!?ペンライトと王子うちわが売り切れなんてKAT-TUNが私に手ぶら参戦を要求しているとしか思えないからこれは受けて立つべきだね!?と思いながらマジで手ぶらで会場に入ったら、MEN ON STYLE経由で先にKAT-TUN入りしていたあややさんが、MEN ON STYLEのペンライトを貸してくれました。人生初KAT-TUNコンでMEN ON STYLEのペンラ振り回すワイ。取っ手が黒いところも透明な発光部分も青色で点滅するところも全部しっくりきたMEN ON STYLEのペンラ、マジKAT-TUNコンでも使えすぎた。あややさんありがとうございました。

 

 

事前に耳に挟む評判がとてもいいからハードル上げまくって行ったのに、その高すぎるハードルをも軽々飛び越えられてゾクゾクする感覚。

森田剛さん主演舞台を初めて観たときの感覚と似ていた。

私の人生初KAT-TUNコンはそんな感動だった。

 

KAT-TUNほど顧客の要望を裏切らないグループってそうそういない。いや知らんけど。ジャニヲタ4年目の私が言うことだからほとんどアレだけど。それでもジャニヲタ4年経って、私がコンサートで「感動」したのはこのコンサートが一番だった。彼らが作りたいステージと私が見たいステージが完全に一致する瞬間を私はあの日初めて見たんだと思った。

 

 

そして私は恋をしたんだ。

 

 

わかりきっていた。

ここまでわかりきっていたこともないってくらい、わかりきっていた。

評判のいい彼らの演出力の高さに酔いしれるためにKAT-TUNコンに行きたかったのももちろんある。それは大前提としてある。

それと同じくらい、彼に恋をするつもりで私はあの場に行った。

オープニングで私が双眼鏡で真っ先に覗いたのも彼だった。

 

彼を現場で見るのは実は初めてではなかった。6月に彼が主演の舞台を観に行っていたのだが、舞台とコンサートでは圧倒的に発信している魅力が違う。コンサートは彼らのホームだ。特に、彼が、アイドルになりたいと思ってこの世界に飛び込んできた彼が、そのホームで発信する魅力が尋常じゃないことなんて、私はわかっていた。わかったうえで、私は彼のことを目で追ったのだ。これは私の過失でしかない。(前置きが重い)

 

 

 

王子ーーーーーーーーー!!!好きだーーーーーーーー!好きだーーーーーー!!!!あなたのことが好きだーーーーーー!!!好きでたまらないんだーーーーー!!!王子ーーーーーー!!!!好きだーーーーーー!!!!王子ーーーーーーーー!!!

 

王子(勝手に呼んでるだけ)こと田口淳之介さんに恋をしてから7ヶ月、ついにコンサートの王子を拝む。

 

もうさ、あんなにかっこいいなんて知ってた????いや知ってたけどね。王子がかっこいいことなんて知ってた。むしろ知りすぎてる。私はたぶん他担のくせに王子王子言い過ぎだ。

 

 

王子ほんとにアイドル天職だと思う。

 

ガッシガシに踊るところも、かっこよく歌いきるところも、満面の笑みで声援に手を振るところも、どこを切り取っても完璧にアイドル。

 

アンコールのリフターで王子がすごく近かったのだが、何がびっくりって、ほとんど記憶ない。

結構距離があったスタンド上段までサインボールを投げていて、私スタンド下段だったから見えなかったんだけど、たぶん目当ての田口担まで届かなかったのか「ごめんね(手を合わせて片目をつむるジェスチャー)」「むりだよやっぱ(マイク外して喋る)」って笑ってて、マジ、マジ、ちょっと、ほんとに、付き合ってくれないかな。(真顔)

 

オープニング1曲目、『COME HERE』で王子だけがめちゃくちゃ踊ってたのもすげー心掴まれた。たぶんみんなフリーのところなのに王子だけクソ踊ってた。クソ煽ってた。そういうところちょっとたまんくない?しかも王子って客席煽るとき右手を耳にあてて左手でマイクを客席に向けるじゃない?あの煽り方めっちゃやるよね?癖??本人が自覚してる10倍はかっこいいから勘弁してほしい。

 

冒頭の「入口、出口、田口で~~~す!」を一緒に叫べた感動~~~!これがコール&レスポンスとしてコンサートオープニングで定番になるほど、10年近く入口出口をゴリ押してきたのは王子の勝ちだよね。

どうでもいいけど、KAT-TUNが歌番組に出るたびにツイッターの私のTLに「入口出口かっこいい」ってツイートが乱立するのいつも笑ってしまう。もはや名前より入口出口が先行してる。

 

去年のKAT-TUNカウコンDVDで『FANTASTIC PLANET』の「XXX(キスキスキス)」って歌詞で王子が唇に人差し指を当てて離す仕草(エアキス)をしていてそれがとてもかっこよくて可愛くて好きだったんだけど、30日は右手でねっとり唇なぞって捨てる仕草をしていて、思わず「うっわ……」って声出た。1年でどれほどの色気身につけてやがる…!!!!(戦慄)

 

冒頭挨拶

上田「もっと声出せーーーーー!!!」

オタ「きゃーーー!」

上田「腹から出せーーーーーー!!!」

オタ「わーーーーー!!!」

上田「やかましいよ!!!」

うわーーーい!KAT-TUNコン来たって感じするゥーーーー!!

 

ていうかマジで上田さんのソロがヤバイ。噂には聞いていたがヤバイ。好きかも。好きかもっていうか確実に好きだ。上田竜也の世界観の徹底っぷりよ。

葉巻吹かしてる上田さんがダンサーの男の人に根性焼きするわ、素手で殴るわ、ビンで殴りつけるわ、極めつけは客席に指くいってやって、殴るリズムに合わせて手拍子することを強要されるんだよ。地下室みたいなBGM(伝われ)がさらに恐怖心煽られる。想像以上にバイオレンスだった。これ映像化できるのかなって一抹の不安がよぎるくらいの。そのままメインステからセンステまでの花道をオラオラ歩いていくのも恐怖しかない。「サイコな夜を」と歌われる恐怖。ゾクゾクするね…。これは上田ソロ中毒者が大量発生するわけだ…。

 

ジャパネットたかたパロVTRも面白かったー。カトゥネット高丸。グッズのトランプゴリ押し。

亀梨「なんと、ハート、ダイヤ、クローバー、スペードをコンプリート!」

上田「ジョーカー2枚あるの!?えっ、ハートが13枚!?嘘だね。俺のトランプ、ハート9枚しか入ってねーぞ」

田口「ちょうどトランプ切れてたんだ、うち!嬉しい~。ベストサイズ!」

笑った。

 

中丸さんの黒ぶち眼鏡はずるい。以上です。

 

MC

中丸「去年も来てた人?2年一緒なんだ。相当仲いいね、俺ら」

亀梨「もう付き合ってるね」(?)

上田「仮に付き合ったとするじゃん?」

3人「え????」

ここくそ笑った。真顔でカットインして謎発言な上ぴー可愛すぎるだろ。

上田「1日1人相手してたら何年かかるんだろうね」

亀梨「俺もう28だからキツイよ」

何の話だよ。

 

田口「さっきのカトゥネットに出てた男の人と女の人、実は俺のお父さんとお母さんなんですよ」

オタ「えー!」

田口「なーんてウソウソ、カワウソー」

中丸「どうですか。俺ら毎回これ味わってんですよ」

田口「(⌒▽⌒)」

王子やっぱり安定してるゥーーー!!!KAT-TUNコンに来た感ーーー!!

 

カウントダウンライブ今年で2年連続だけど毎年やりたいねという話で盛り上がり、「来年の30、31日やります!!」と勝手に宣言した上ぴー。笑う。

 

田口「タメ旅も今年スタートしたんだよね」

中丸「去年だよ」

田口「うん、去年だね」

訂正が早い王子。

 

タメ旅は本当に過酷だという話。

中丸「そのうちヤバイ家行くと思うよ」

亀梨「1回もKAT-TUNのポスター貼ってる人の家行ってないね」

中丸「わかんないよ。畳の裏とか。見てないから」

畳の裏にKAT-TUNのポスター貼るってどんな家だよ。へそくりかよ。

 

田口の舞台も今年だったねという話から、メンバーにフォレストやってって言われて、体育座りから立ち上がってフォレストの台詞をつらつら言う王子。

田口「例えば、夜、星空がずっと広がってるのを見ているうちに、なんだか自分はなにも覚えてないような気がすることはない?夢だったのかそれとも本当に起きたことなのか、あれがもしああだったら、これがこうだったらなんて考えることもある。もしかしたら他の生き方があったのかもしれない。けれど、僕は胸を張って言い切れる。少なくとも平凡な人生だけは送ってこなかった」

フォレストーーーーーーー!!!!(号泣)

こっちのフォレストロスえげつなく煽ってきて死にかけたけど、それ以上に台詞が一言一句完璧だったことにびっくりした。まだ覚えてるんだ。

長々とセリフを喋る王子を放置してはけようとする3人。「おおーーーい!」って王子。かわいい。

中丸「ていうかよく覚えてんね!?」

上田「まさか今日フォレストふられると思って練習してきたな!?」

田口「してないよ!(笑)」

 

楽しくてしょうがないって何度もキャハキャハ笑ってた亀ちゃんが印象的でした。亀ちゃんかわいい。

 

上田さんと王子が衣装チェンジのために一旦はけて、亀梨中丸トークに。

亀梨さんの新ドラマが濃厚なラブシーンがたくさんあるという話から、急に笑い出す亀ちゃん。

亀梨「中丸のキスシーン見たよ、ファーストクラスの。中丸のキスシーンってさぁ、ちょっと傾くんだよね(笑)」

中丸さんをエリカに見立て、いつきくんになってキスシーン再現する亀ちゃん。会場悲鳴。中丸もなんでノリ気。

散々キスシーンをいじられて、「そればっかりはほっといてください」って中丸さんに不憫萌え。

 

亀梨「キスシーンとかあまり見たくないってファンレターもらうけど」

中丸「実際のところはどうなんですか?」

亀梨「見てほしい~~~><」

ちょっとむくれてる亀ちゃんギャンかわ。

中丸「がんばってるんだもんね」

亀梨「うん><」

ギャンかわ。

 

上田さんと王子のトークは全然弾んでなくてかわいかったです(笑)「やっと仲良くなってきたよな」って上ぴー(笑)お前ら何年グループやってんだよ(笑)

上ぴーが王子に今回の田口うちわのコンセプトは何なんだと聞いたら「とにかくメッセージを伝えたかった。可愛いかなって」と答えたのだが、それに「お前の気持ちが詰まってるうちわなんだな」って返答した上ぴーに笑った。どんな感想。

 

今回グッズにコースター売ってないのにコースターの話しだしたKAT-TUNもめっちゃ面白かったんだけど、王子がぼそっと「ノーコースターなんだね」って言ったのをみんなが「どういうこと?」と拾って、王子どうすんのかなと思ったら「濃厚なスター!」ってジャケットぴらっとさせてドヤ顔しててさすがだなと思いました。

 

中丸「俺思ったんだけどグッズの列長くね?あれどうにかしたいよね。どうにかなんないのかな」(唐突)(真顔)

田口「並んでる列にハイタッチしていきたいよね!(⌒▽⌒)」

ほっこり。

 

亀梨「すげー楽しい。ほんとに楽しい、今日。子供に戻った気分」

上田「本番はあっというまだよね。リハーサルはすげー長く感じたけど

堂々たる宣言する上ぴー。

ていうかMCの上ぴーの一言いちいちおもしろくていちいち笑う。

 

客席に外国人の方がいらっしゃったのか、出身を聞く亀ちゃん。

亀梨「オーストラリア?センキュー」

田口「オーストラリア!俺が今一番行きたい国!」

中丸「なんで?」

田口「いい感じ!」

テキトー!!(笑)高田純次ばりのテキトー加減!!

 

次の曲はしっとりした曲です、となって、ぼそっと「シフォン的なね」と言う王子。「シフォンケーキ的なね」と拾ってあげる中丸さん。かわいい。

 

後半で着ていた白いジャケットの衣装が王子にあまりにも似合っていたのか、メモに「白ジャケットスーツヤバイ くそ似合う」と走り書きされている。

 

なかまるーぷマシーンという、短めの音声をその場で録音してループさせ、中丸さんのボイパとセッションするコーナー。

客席の誰か1人に協力してほしいんですよね~と客席を見渡し、はーい!はーい!と手を上げるオタを横目に、中丸「手あげてない人にするよ。私当てないでって顔してる人にするからね」

よ、容赦ねーーーー!それ嫌われる先生がよくやるやつーーー!!

 

親子席にいた女の子が選ばれ、かわいいかわいいと中丸さん。

中丸「いくつ?」

女の子「9さい」

中丸「立派になったねー」(?)

 

中丸「横にいるのはお母さんですか?…おいくつですか?」

女の子のお母さん「!?」

会場「えーーー(非難)」

中丸「冗談ですって(真顔)」

その真顔が冗談じゃないんだってば。

 

ていうかほんとに中丸さんのあの真顔の鉄壁さヤバイよね。絶対突破できないもんね。アリーナトロッコをニコリともせず手も振らず仁王立ちで通過していたときがあって、何プレイだよソレと思った。

あと客席に「やぁ!」って手をあげてたのもめっちゃ面白かった。「やぁ!」って。

 

『BREAK UR CAGE』の演出がかっこよくて好きだったー!椅子使ってハットを使うダンスに、スケボーもあって、モニターと連動した遊び心のある振り付けに、ステッキを持ってクッソお洒落なダンス。盛りだくさんすぎる。

 

『SIGNAL』の歌い出し、「Hey girl おしえて」で突然曲が止まり、なかまるーぷマシーンがバグった!?という展開。

「ちょっと!今ヘイガーールどこまで伸ばしたらよかったんだよ!」プンスコ亀ちゃん。責められて、なかまるーぷマシーンの様子を見に行く中丸さん。もう一回最初からやろう、となかまるーぷマシーンのボタンを押す中丸さん。

マシーン「チキチキアー」

亀梨「チキチキアーもう終わりだよ!終わってる!ヘイガール言わせろよ!」

 

ここでスクリーンに突如映し出されたKAT-TUN大忘年会/の文字。

オタ「きゃーーーー!」

中丸「夏のツアーにはなかった!時間があったからできたことです。KAT-TUN大忘年会!」

田口「酒持ってこーーい!」(突然)

王子がいちいちかわいい。

 

ここでスクリーンに映し出されるKAT-TUN大忘年会の内容。

 

 

KAT-TUN】が【誰か】の【ソロ曲】を歌う

 

 

オタ「ぎゃああああああああああああああああああああああああああ」

 

ジャニヲタが最も見たいと言っても過言ではない(いや知らんけど)、誰かのソロ曲を他のメンバーがやる企画きたあああああああああああ!!!(ガッツポーズ)

さすが顧客の要望に応えることに定評があるKAT-TUN!どのへんに忘年会要素があるのかは謎だが、あれかな、カラオケチックだったのが忘年会だったのかな、こんなにツボな企画もないぜ、KAT-TUN!!

 

え、誰がやるの?これ誰がやるの?とざわつくKAT-TUN。急にジャニーさんのモノマネで「俺がやるよ」「いや俺がやるよ」「どうぞどうぞ」というダチョウ倶楽部芸をやり始めるKAT-TUN。めんどくせぇ。おもしろかわいすぎる。

 

ただソロ曲ってガチファンじゃないと知らないゾーンだから、他担だと盛り上がりに置いてけぼりくらう感じはあるだろうなー…とか思ってたのに全部のソロ曲知ってた自分にびっくりした。おおいに盛り上がれたわ。くっそ。KAT-TUNコン楽しい。

 

亀梨和也】が【上田竜也】の【MONSTER NIGHT】を歌う

ダンサーもちゃんとつける芸の細かさ。

 

上田竜也】が【田口淳之介】の【サムライ☆ラブ☆アタック】を歌う

最後に「俺、最高」の横断幕を背負わされる上ぴー。

 

【中丸雄一】が【亀梨和也】の【1582】を歌う

オタク絶叫。和装ぬるっと羽織って淡々と1582歌う中丸さん!!!ヒィッ…!

 

田口淳之介】が【中丸雄一】の【FILM】を歌う

歌う前に「キー下げて!!!」と叫ぶ王子。本当にキーが下がるイントロ「もういっこ下げて!」

原曲より低いキーで堂々と歌いきる王子を棒立ちでただ見るダンサー

 

 

そして最後に【KAT-TUN】が【KAT-TUN】の【新曲のカップリング】を歌う、となって本編に戻ったんですけど、このカップリング『WHITE LOVERS』が!!王子の裏声フェイクから始まってAメロが王子なうえに、大サビも王子っていうあまりにも王子無双なバラード曲だったもんでぶったまげました。

王子の歌声って腰にくるんだよ、なんか。すげぇ足腰にくるの。これのためにKAT-TUNの新曲買おうか本気で検討した。検討してる。

 

 

なんといっても、王子ソロだよ!!!

王子のソロかっこよすぎだった!!!!!夏のツアーの王子ソロではモニターに王子が何人も出てくる演出だったようで少プレでその映像見たとき不覚にも爆笑してしまったんだが、カウコン王子何人も出てこなかったんだよ!!

スタイリッシュエロ!オシャレエロ!エロがオシャレ!!

黒スーツに白シャツ、黒の細身のネクタイに黒いハットっていうシンプル is ベストなクソスタイリッシュクソイケモードで『FLASH』まで歌ってくれたんだが、ハット投げるわネクタイ緩めて投げるわシャツの前はだけさせるわで、あれをDVD化してくれるなら絶対買う。死んでも買う。

 

『TRIANGLE』の「君だけが欲しい」「SLOMOTION 抱き合うだけで」ってフレーズを現場で聴いたときの破壊力が凄くて、あそこを王子に割り振った人天才じゃないかと。王子の歌声本当に好きなんだよ。田口淳之介が歌えることを知らなかった数年前の自分が不憫になるぐらい。あの細長い身体のどこからあんなに太く透明感のある歌声が出てんのか本当に不思議だし好きになるしかないじゃんね。

 

センステでレーザービームの演出で踊り歌った『In Fact』がかっこよすぎて、メモに「やばいかっこいい」「やばいかっこいい」って2回も書いてある。1回書くだけじゃ足りなかった。

新曲披露のときに青、緑、赤の炎でド派手に演出してくれたのもかっこよかったんだよーー!!KAT-TUNコン本当にすごいんだよ。こういう演出がいちいちツボなの。メリハリがあるというか、ここは見てほしいんだろうなというときにわかりやすく演出に凝ってくれるから、自然に引き込まれてもう後戻りできない。ここ一番、KAT-TUNコンに来た!!って思った。

 

ガス噴射しまくる『SUMMER EMOTION』も楽しかったーーー!ファンサ曲の使い方も上手いーーー!!

 

最後、王子が「31日もあるのに、今日で全部出しちゃいました」って笑ったら、「まさか明日、田口休みます!?」ってやいのやいの言われててめっちゃ笑った。なんか上手いこと言われてる。

 

中丸「皆さんにとっても最高の…」

亀梨「また会いましょう!バイバーーーイ!!!」

かぶったwwwwお前ら何年やってんだよwwww

 

アンコール最後、ハイフンのみんなにも拍手を!と拍手しているときに、

中丸「よくやった!みんなよくやった!!」

って褒められたのも超笑った。先生。

 

シューイチの義堂ちゃんも来ていたんだけど、至近距離で上ぴーにガスぶっかけられるわ、中丸さんにサインボール叩きつけられるわで遊ばれまくっててずっと楽しそうでした。

 

エンドロールで終わりがはっきりしてるのもよかったなー!気持ちよく帰れる。

 

 

なにはともあれ、最後にこれだけはどうしても言いたいんだけど、

 

 

 

KAT-TUNすぐ脱ぐ。すぐ前はだけさせる。すぐ下半身映す。すぐ腰振る。

 

 

KAT-TUNコンは噂どおりに、噂以上に、最高でした!!!!!!

マジで自分なんでKAT-TUN担になれないんだろう!!くやしい!!!

また来ます!!!!王子うちわを持つまで私のKAT-TUNコンは終われない!!