読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の中心はここだ

WaTファンでありジャニヲタでもある地方学生が多方面に愛を叫ぶ記録

近況と9/14に舞台『炎立つ』を観た感想

V6 三宅健 舞台

 

もうすごい。最近の自分の感情迷子っぷりがすごい。

 

ついにトニセン主演ミュージカル『ON THE TOWN』が開幕し、TOKIOスペシャルDAYSで一週間TOKIOを過剰摂取した結果、何がどうなってこうなったのか、10月の遠征予定を一部変更しました。

 

トニミュ1回減らしてTOKIO2回増やしたよ!!!!(計算が合わない)

 

もはやこうなってくると「自担」の定義を問う。自分に問う。

なぜここまでTOKIOのライブに行きたいのかわからない。松山行って以来、自分の感情がどこに向かってるのかわからない。(病気)松山ライブ直後、「今ならTOKIOのために東京飛べる」って思ってはいたけど、本当の本当に武道館行きを決意しました☆☆☆☆☆

東京までって夜行バスで片道12時間だから。往復で1万5千円ぐらいかかるから。軽い決意じゃないってことはどうかわかってほしい。(誰に)

もう自分が怖すぎるから、☆飛ばしてちょっとでもファンシーにする。9月、10月、11月と、月1でTOKIOライブ行っちゃうぞ☆☆ポップに行っちゃうぞ☆☆☆

私今結構平静を装ってるけど(装えてないかもしれないけど)、10月が勝負みたいなとこあるんだ。10月早く来て欲しいし一生来ないで欲しいし、そんな感情を抱えながら今を生きてる。もうほんと、言えないけど、まだ理由は言えないけど、ものすごいドキドキしてんだ、今。

あまりに感情が迷子だから自分の部屋で落ち着こうとしたんだけど、自分の部屋今こんな状態だから↓↓

f:id:atnnnas:20140915180131j:plain

よりいっそう精神乱れた。

 

 

 

 

はい。そんな状況な私がお送りする本日のブログの主役は三宅健ちゃんです。

 

f:id:atnnnas:20140929153440j:plain

炎立つ』の感想を書きに来ました~~!

 

 

 

 

なんかもう記憶ない。(クソ)

 

 

 

ごめん。お前何書きに来たんだ、って感じでごめん。9月14日ってまだ15日前なのに、この15日間でSMAPのコンサート行って、実習(本業)を乗り越えて、嵐のライブビューイング見て、TOKIOのライブ行って、TOKIOスペシャルDAYSを見続けて、トニミュが開幕して、新堂本兄弟が終わっちゃったから。

そりゃあ感情迷子にもなる。記憶も飛ぶ。

 

言えるかぎりの感想を今吐き出すと、けんちゃんの身体能力すごかったな、ってアホみたいな感想しか出てこない。

時代ものだしストーリーわかんなかったらどうしよう!って思いつつも何も予習せずに行っちゃったから、舞台始まって少し経ってから「ラブリンとけんちゃん兄弟なのかよ!!!」ってなったレベル。気づくの遅。

けんちゃんの役どころが、悪役というか、悲しい悪役で、そんな事前知識もなかったから、おぉ…そういうこと…そういうことなの……ってなりながら観てた。

ストーリーは調べればすぐわかると思うから割愛するよ!まさに公式HPのあらすじ紹介まんまって感じ!!(雑)

 

けんちゃんの身体能力すごかった、っていうのは、乱闘シーンでナチュラルに側転繰り出されたときに思ったよね。

側転した・・・・・・・(°д°) って。

まさか側転するとは思わない。乱闘シーンで。

床を転げたり、動きが激しいから、これはあざもできるわ・・・・って思った。痛い。あれ絶対痛い。

 

三宅健くんの舞台を観るのはこれで2回目で、実は私誰の舞台よりもけんくんの舞台を一番多く観てることになるんです。去年11月の『Some Girl(s)』のときはなんていうか「男」役(言葉選ばずに言うと、女たらしでろくでもない男)がけんちゃんにハマってたのですんなり観れたんだけど、この『炎立つ』はイエヒラ役になんでけんくんが抜擢されたのかわからなかった。わからなかったんだけど、けんくんが舞台で生きている姿を観た、と思った。炎立つは「イエヒラの舞台」だった。サムガのときは「三宅健の舞台」って印象が強かったんだけど、炎立つは「イエヒラの舞台」だと思った。

最初にけんくんが舞台に立ったとき、なんとなくあのミニマムさで「あれけんくんかな」ってのはわかったんだけど、第一声聞いて「あれ?違う・・・・?」ってなったのをすげー覚えてる。声が違ったの。けんくんじゃないみたいだった。彼は最初から最後までイエヒラだった。声がかすれてるのも、どんどんイエヒラが魂奪われていく感じがして、すごいぞくぞくした。

あとすげーバカみたいな感想言うと、けんくんのアイメイク(というか顔面メイク)が物語が進むにつれてどんどん濃くなっていくから、けんくんに一番近い姿を記憶に残すためには冒頭を必死で見とくべきだったなと思った。後半ほぼけんくんじゃない。

 

全体としては、久しぶりにこんなに演出が凝った舞台観たな~~!と思いました。最近観た舞台が、森田剛さん主演『夜中に犬に起こった奇妙な事件』と田口淳之介さん主演『フォレスト・ガンプ』で、どちらも舞台装置に大掛かりな仕掛けはなくて出演者が体で場面を表現するシンプルなものだったので、『炎立つ』は豪華だな~~と思いました。生演奏が素晴らしいとは聞いてたけど本当に素晴らしかった!歌も!!1000年前の日本が目の前に広がる!!

 

手話と昼ドラと炎立つとその合間でV6の新曲も動いてたんだと思うと、マジこの夏の三宅さんの多忙さに脱帽する。なんか韻踏んだみたいになっちゃったけど。多忙に脱帽。

けんちゃん、お疲れ様でした!!!!!

 

 

 

さて、3日後にはついにひろしくんを拝んできます~~!私のON THE TOWN初日は10月2日の昼公演です!次の日朝から学校だからとんぼ返りだけど!そのせいで夜公演泣く泣く諦めたけど!夜行バスで行って夜行バスで帰って来て、金曜の朝バス停着いたらそのまま学校行くよ!!疲労でしぬ未来しか見えない!!

あと東京行くの7年ぶりとかなのに1人なので不安すぎる。昼にトニミュ観るだけで他に何の予定も組んでないから何して遊ぶか考えとかなきゃヤバイ。でも1人。遊ぶにしても1人。1人で行けそうな美味しいごはん屋さんあるかな。教えて、ひろしくーーん!(ドラえもーーん!)