読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の中心はここだ

WaTファンでありジャニヲタでもある地方学生が多方面に愛を叫ぶ記録

NEWSとSMAPが夢に出てきた

 

夢を見ました。NEWSとSMAPが出てきた。あまりにも幸せな夢だったので、覚えてるうちに全部書いておこうと思います。以下、ジャニヲタが見た、ただの夢の話。

 

NEWSのコンサートに行った私。MCでこんな会話をきいた。

増田「少し前さ、ちょっといいなって思う女の人がいた話していい?エスカレーター乗ってたら、後ろにいた女の人に、膝カックンされたの。え!?って思って振り返ったら、その人すごい焦ってて、するつもりなかったらしくて、それがすごい可愛かったんだよね」

好きなタイプもおろか女性の話なんて普段まったくしない増田様の発言だけに、会場がいろんな感情の阿鼻叫喚で沸いたんだけど、ところで増田さんどんな女の趣味してんすか。無意識で膝カックンしてくる女。いねぇよ。

 

それから、ふと気づいたら私はショッピングモールのエスカレーターに乗っていた。でも何かがおかしかった。着ている服とか一緒にいる友達とかが、数ヶ月前の自分なんだよね。まったく同じ状況。え???タイムスリップした???なんで????と思いながらも、まぁいいかと思って後ろにいた友達と話してたら、なんかすごい聞いたことある声が聞こえてくるわけよ。前方から。

知ってる。私は“彼ら”の声をものすごくよく知ってる……!と思ってバッと振り返ったら、

 

NEWSおった。

NEWS4人が目の前に縦一列になってエスカレーター乗ってた。しかもなぜかONEのときの青いジャージ衣装着てて、出てるオーラが明らかに仕事モードだった。なぜ自分は気づいてなかったんだ。なぜ周りは気づかない。わかりやすすぎるだろ。NEWSここにいるだろ。

そこでふと思い出した。そうだ、私このときまだNEWSのファンじゃなかったんだ。NEWSのこと知らなかったんだ。なんてもったいないことしてたの!!!!!NEWS目の前にいたのに興味なかった自分よ!!!不憫!!!そしてタイムスリップ万歳!!!!!

ちょうど目の前にいたのが増田さんでさ。うっわ、まっすー、、と思ってたら、急に膝の力抜けて、ガコッッッて。膝カックンしたよね。前の人にね。つまり増田さんにね。

 

増田「!?!?」

私「!?!?!!!!!!!」

 

あのMCの女、私だったんかーーーーーーーーい!!!!!!!!!

もう衝撃。いろんな衝撃。

 

増田「な、なに……」

私「いや!違うんです!すみません!違うんです!いや、膝カックンしたのは私で間違いないんですけど!違くて!したかったわけじゃなくて!ごめんなさい!!!!」

小山「どしたの、まっすー」

加藤「なに、知り合い?」

手越「……」

ぎゃーーーーー!NEWS!!NEWS4人が私に注目している!!!!つーか手越はなんか喋れよ!!!

 

増田さん、くしゃって笑いだしちゃって。

増田「いいよ、いいよもう」

あ、恋。私今この人に恋した。

恥ずかしいのとドキドキしたのでエスカレーター降りるときに思わずよろけちゃって、そしたら増田さんが腰に手を回してぐっと支えてくれて、私見てふわっと笑ってくれて、

 

 

 

 

 

 

おい、増田よ。やめろよ。好きになるだろ。

ところで私、足腰弱すぎるだろ。

 

 

増田「…どっか行く?」

私「え?」

増田「今。時間ある?これも縁だし」

ナ、ナンパされてます…………??私今ナンパされてます????増田様に?????

パニック。心の中の私パニック。でも行動してる過去の自分はNEWSも増田さんも知らないからいたって冷静にナンパの事実を受け止めていた。なんかどえらいイケメン集団がなんかわからんけど絡んでくれてる、みたいな。

一緒にいた友達見たら、えー!いいよ行こうよーーー!ってわかりやすく目がハートだし、そこからNEWSとともにショッピングモールをデートすることに。NEWSとデートて。(心の中の私白目)

アクセサリー屋さんに行ったらイルカのイヤリングがあって「可愛い〜」って言ったら、まっすー「じゃあ貸して、それ」

 

か、買ってくれちゃったよ…………なにこの普通のデート…………なんで自分こんな過去忘れてNEWS担になってたの……………

 

そしてふと気づいたら、唐突にいつもの日常に戻ってた。自分の部屋。NEWSのポスターが飾られてた。タイムスリップは終わったらしかった。

真っ先にジュエリーボックス開いて、すごい探した。イルカのイヤリング。あった。

……………夢じゃなかったんだあれ(と夢の中で思う自分)

 

そしてまた唐突に場面が変わる。私はまたエスカレーターに乗っていた。あの日の服で、あの日の友達と。前方から声が聞こえた。彼らの声。

また!?またタイムスリップした!?!?なにこの出血大サービス!!!!!NEWS(というか増田さん)と無限で何回でもデートさせてくれるの!?!?!?

 

でも違ったのよね。自分は今度、友達の後ろにいたの。私の前には友達がいて、その友達の前にNEWS4人がいた。友達がよろけて、増田さんに膝カックンした。増田さんは私の友達に笑いかけた。「…どっか行く?」

 

ち、違う………ワイが知ってる過去とちゃうで…………夢特有の登場人物のすり替え起こってんで……

 

その日、友達はすごく純粋に増田さんに恋をした。わかる。その気持ち、超わかる。私も恋したもん。

でも、明らかに増田さんも友達も互いに惹かれてるのに、どうにもうまくいかなくて、友達もイルカのイヤリング買ってもらってたけどそれだけで、2人ともぎこちなくて、結局なんの発展もなく終わった。

このままではダメだ!友達の恋を実らせなければ………!(急に趣旨変わった)

NEWSには気づかれないようにしなければならない。私たちが未来からきているなんて、未来の私たちはすっかりあなたたちのファンですよなんて、そんな興ざめすること言えない。言いたくない。過去の私たちはNEWSを知らなくて純粋に彼らに惹かれ、そしてNEWSは純粋に私たちに惹かれてくれたんだ。芸能人とファンなんてそんな関係になりたくない。言いたくない。そして私はもうすっかり手越担だった。過去にタイムスリップするたびに、手越さんにこっそりめちゃくちゃときめいていた。でも手越さんのことは知らないというていでやらなければならない。葛藤。

 

3回目にタイムスリップしたとき、増田さん、小山さん、シゲアキがトイレに行ったタイミングで、友達がさくっと手越さんに言った。

 

友達「私たち未来からきてるんです」

 

言いよったーーーーー!!!なんでやねーーーーーん!!!さくっと私たちの秘密(と下心)ばらしよったーーーーーー!!!

 

私「ちょっと!!!手越さんのファンな私の気持ちどうしてくれんの!!!」

手越「えっ、ほんとに?」

手越さん、私たちが未来からタイムスリップしてることより私が自分のファンであることに食いつく。すごい。夢の中でもイメージ裏切らない。

 

手越「おれのこと好きなの」(クソイケメンボイス)

 

な、なんつー聞き方すんのこの人…………

 

顔真っ赤になる私。

くしゃーーーっと笑う手越さん。

 

手越「えー、ありがとう。すげーうれしい」

 

 

 

 

 

なんだこれ。(幸☆せ☆大☆爆☆発)

 

手越さんがニコニコ私に笑いかけてくれるまま、NEWSと一緒に歩いてたら、ふとそのそばをSMAPが通る。

 

 

 

は!?!?!?!!

 

急。夢はいつだって展開が急。

 

そしてSMAP5人合流した。私たちとNEWSに合流した。結局SMAPとNEWSとデートする私と友達。なにがどうしてこうなった。

SMAP5人にも友達が増田さんに恋をしてることはすぐにばれて、SMAP5人とNEWS3人と私、総力をあげて増田さんと友達をくっつけようとする展開に。全員中学生かよ。

アクセサリー屋さんで、友達はイルカのイヤリングを手に取った。私は知っている。次に友達は「可愛い〜」と言うことを。

しかし違った。友達が「可愛い〜」と言う前に、中居くんが横からすっとイルカのイヤリングを取って、ビーズのイヤリングに変えた。

 

中居「こっちのほうが似合う」

 

中居くーーーーーーーーん!!!!いや、中居ーーーーーーーー!!!!!!!なんつーことをーーーーーー!!!!!!違うだろ!!!そこは中居きゅんが出しゃばるところじゃないだろ!!!動揺して中居きゅん呼び。(初めて呼んだ)

戸惑う友達。友達も知っている。これは展開が違う。

私「ちょっと!ダメだよ!イルカのイヤリングに戻して!可愛いって言わなきゃ!過去を変えることは許されないんだから…!(小声)」

タイムスリップお決まりのルールを友達に言う私。

中居「こっちのほうがいい」

出しゃばる中居。だから中居きゅんはちょっと黙ってろよ!!!!!!

私「そっちにしたら何が起こるかわからないじゃない!(小声)」

中居「何が起こるかわからないから楽しいんだろ?」

 

 

うっわ、中居きゅん…………キュン。

 

夢の中でも中居くんは中居くんだった。

 

友達は結局ビーズのイヤリングを手に取って、可愛いって呟いた。まっすーが来て、「ほんとだ、可愛いね。すごい似合う」友達赤面。増田も赤面。「貸して、買ってあげる」友達の手からビーズのイヤリングを取り上げる増田さん。イルカのイヤリングのときよりもいい感じの展開。なにこれ、中居きゅんすごい………キュン。

私「これだから(未来の私は)好きなんだよなぁ、中居くんのことが」

思わずこぼれた私の本音。

すぐそばにいた中居くん。え?って顔で私を見る。小声で会話してるから顔と顔の距離が近い。

数秒間私を見つめたあと、中居くんは私にウインクをした。ハットをかぶってたから、影になって周りからは見えにくくて、私だけがわかった。私だけが知った、私だけに向けられたウインク。

 

 

爆発しました。

 

 

自分からやっておいて、あまりのキザさに照れて顔真っ赤になってうつむく中居くん。爆発してうつむく私。なにこれ…………!ふるふるふる。中居くん、かっわ………!かっわ……!かっわいい………!かっこいい………!!!!

 

友達はいつのまにか増田さんと手を繋いでいて、私はいつのまにか中居くんと手を繋いでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

……という夢でした。(長い)

自分の欲望が露呈されすぎてて書いてて笑った。一晩で増田さんと手越さんと中居くんに恋をした。最高の夏の夜かよ。(夢だよ)

 

 

そして突然ですが、今日は大阪です!シルクドゥソレイユ オーヴォを見に行きます!!高速バスなうです!!相変わらずSMAPの当落電話は500回ぐらいかけましたが繋がらなくてもはやひいてます!!昨日は中居くんお誕生日おめでとう!!そしてその流れで今朝夢に現れたクソイケメン中居くんはなんの暗示だったんだろう!チケット当たれ!!!!!